ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医学研究科 > 研究科案内 > 研究科概要 > 医学研究科長メッセージ

医学研究科長メッセージ

kenkyukacho

大学院医学研究科 科長

病理学講座 主任教授

矢野 博久

  

 久留米大学は、1928年に創設された九州医学専門学校を前身として、1952年医学部を開設し、現在では、5学部【医学部・商学部・法学部・文学部・経済学部】を有する私立総合大学に発展しました。久留米大学は、1956年に大学院が設置され医学研究科博士課程が最初に開設され、その後、2001年には、修士課程が開設されました。現在、久留米大学には、医学研究科以外に4つの大学院研究科【比較文化研究科・心理学研究科・法務研究科・ビジネス研究科】が開設されています。このように本学の大学院医学研究科は、60年の歴史を有し、今日まで非常に優秀な医学研究者を多数輩出してきました。

 久留米大学大学院医学研究科は、医学・医療の分野で先駆的な学術研究を推進するとともに、幅広い視野、高度の専門性と豊かな教養及び人間性を備え、国際的に活躍し、地域医療に貢献しうる優れた人材を育成することを目的としています。博士課程では特に、自立した研究者として学術研究を推進する能力をもつ人材を育成することと、幅広い学識、国際的視野ならびに豊かな教養と人間性を備えた人材を育成することを目的としています。修士課程では、各専攻分野の高い研究能力を有する研究者・教育者の育成とともに、高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力、教養、人間性を備えた高度な専門職業人の育成を目的としています。久留米大学医学研究科では、社会人が最新の医学知識・技術を学び取り、高度の医学研究能力、専門的職業人としての能力を身につけその成果を社会に還元できる様に2003年より昼夜開講制を導入しており、学びやすい環境を提供しています。

 久留米大学大学院医学研究科の教育・研究の特徴と近年取り組み始めた教育内容をご紹介いたします。博士課程では、2015年度までは4専攻23科目でしたが、2016年度より社会医学系に看護学専攻が設置されました。医学科の基礎あるいは臨床系講座に属して、自分が希望する研究課題に取り組むコースに加え、個別最適医療系「先端癌治療学悪性腫瘍専門医養成ユニット」に属して、「がん」専門職業人を目指す高度専門職業人育成コースも選択できます。このユニットは、2012年から5年間にわたり、文部科学省の補助を得て開始された「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」の対象コースワークとなっていましたが、現在も引き続き化学薬物療法・放射線療法・緩和医療の3つの専門医の養成コースを選択できます。また、世界の医療水準の向上と日本の医療産業の活性化に多大に貢献できる人材育成を目的とした文部科学省の「未来医療研究人材拠点形成事業」として福岡県内4大学連携事業が採択されたのを機に、2014年からは「メディカルイノベーションコース」を博士課程と修士課程に開設しています。

 博士課程では、所定の要件を満たせば在学期間が最短3年間あれば学位を授与する早期修了の制度があります。また、奨学金制度はもちろん、初期臨床研修医や私費外国人留学生に対する納入金減額制度や優れた学位論文に対しては久留米大学学術奨励賞を授与するという魅力的な制度もあります。

 修士課程では、2016年度から、医科学専攻に加え看護学専攻が設置されました。医科学専攻には、基礎医学群、社会医学群、分子生命科学群、バイオ統計学群の4つの学群が設置されています。バイオ統計学群には、優れたバイオ統計学研究者の育成のため「臨床試験統計家・研究者育成コース」「健康科学統計家・教員育成コース」「バイオインフォマティクス統計家育成コース」が設置されています。看護学専攻には、修士論文コースと専門職養成コースがあり、修士論文コースには、看護教育管理分野が設置されています。専門職養成コースは、がん看護のスペシャリストの育成を目指した「がん看護分野」、感染看護のスペシャリストや国際的に活躍できる人材の育成を目指した「感染症看護分野」、老人看護の幅広い知識と実践を身につけることを目指した「老年看護分野」、小児看護のスペシャリスト育成を目指した「小児看護分野」が設置されています。これら分野は日本看護系大学協議会より専門看護師教育課程として認定を受けており、履修により日本看護協会が設けている専門看護師(CNS)認定試験の受験資格が取得できます。また、高度な助産実践能力を有する助産師とその指導者の育成を目指した「助産学分野」も2016年度から開設されました。この「助産師資格コース」履修修了により、助産師の国家試験の受験資格を得ることができます。この他、2014年から3年間にわたり、文部科学省の「大学間連携共同教育推進事業」として、医療サービス・イノベーションを主体的に考える人材育成を目的とした久留米大学、宮崎大学、北陸先端科学技術大学院大学の連携事業が実施されましたが、それを機に開設された「医療サービス・イノベーション論」、「医療サービス統計論」、「医療サービス知識創造論」は現在も引き続き開講されています。

 修士課程においても、所定の要件を満たせば在学期間が最短1年間あれば学位を授与する早期修了の制度があります。また、奨学金制度や私費外国人留学生に対する納入金減額制度があります。

 久留米大学医学研究科のある久留米市は福岡県南部の広大な筑後平野の中にあり、福岡県北部や隣接する県外からもアクセス良好な場所に位置します。60年の歴史に支えられた医学研究科は、博士課程、修士課程ともに優秀な教授陣と充実したカリキュラムを有しており、目的に応じてその中から各自最適のコースを選択することが可能です。先駆的研究に興味がある人、国内はもとより国際的にも医学・医療の各種分野で活躍を目指す人、高度な専門職業人を目指す人などを久留米大学医学研究科は大いに歓迎いたします。