ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

比較文化研究科概要

研究科概要

大学院比較文化研究科の沿革

 久留米大学は、かつて医学部と商学部から成る単科的大学でしたが、昭和62年(1987)から総合大学への動きが始まり、それと並行して文系大学院の設置が準備されました。大学院比較文化研究科の修士課程(前期博士課程)が開設されたのは、平成元年(1989)、続いて博士課程(後期博士課程)が2年後の平成3年(1991)にスタート、その後、学部、学科があいついで増設され、文学部、人間健康学部、法学部、経済学部、商学部、医学部をベースにする学際的な総合大学院に急成長しました。

久留米大学大学院比較文化研究科の概要

 久留米大学大学院比較文化研究科は、日本、アジア、欧米の文化およびそれらの相互の接触によって生じる世界文化と人間行動について、その構造と機能を比較分析し、文化接触の実態を総合的かつ分析的に研究することを目的とした学際的大学院であって、文学部・人間健康学部・法学部・経済学部・商学部・医学部・外国語教育研究所および比較文化研究所の諸部門を基礎とし、日本・東洋文化、欧米文化・言語教育学、福祉・社会学、法学、政治学、経済学、商学(後期博士課程のみ)、環境学の諸学系を包括するものです。

 特に、文化接触についての実態や人間関係に関する研究は本研究科の中核をなすものであり、日本のみならず世界における比較文化研究の主導的役割を果たすことを目指しています。

 本研究科には、前期博士課程と後期博士課程が設置されています。前期博士課程では、広い視野に立って精深な学識を修め、専門分野における研究能力を身につけることを目指すと共に、高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を持つ人材の養成を目指しています。前期博士課程修了者には、修士[文学、社会学、保健福祉学、法学、政治学、経済学、学術]の学位が授与されるほか、中学・高校教員の専修免許状(国語、社会、地理歴史、公民、英語)や各種の資格を取得するのに有利な条件を提供しています。後期博士課程では、博士の学位を取得して、将来、研究分野について研究者として自立して研究活動ができるような高度の研究能力とその基礎となる豊かな学識を得ることのできる人材の養成を目指しています。


国際交流交通アクセス