ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 法学部 > 学部案内 > 法学部公式ブログ > 授業紹介(1) 警察実務概論に注目:2016年4月14日号

授業紹介(1) 警察実務概論に注目:2016年4月14日号

   みなさん、こんにちは。

  一昨日からいよいよ前期の授業が始まりました。

  図書館の前には、藤棚があります。この時期、淡い紫色のきれいな花が咲きます。そこを新学期の授業に急ぐ学生の皆さんが行きかいます。

   fuji     fuji

   fuji     fuji

 

     こちらは法学部掲示板です。学生諸君は、一日に一度は、ここを見て、新しい情報を確認します。

                                     keijiban

 

   さて、今日は、法学部の授業の中で、注目の警察実務概論をご紹介します。

   法学部に入学する方の中で警察官を志望する方は多く、ご存知の方もいらっしゃると思うのですが、久留米大学は実際に九州の大学で第二位の合格者数を出しているそうです。

   そこで、警察の仕事をよりよく知っていただくために、将来のことを考えるキャリア教育の一環として、福岡県警から講師と言う形で授業をもっていただいています。幹部の方々も来ていただいています。

   学生諸君も続々と集まってきました。

    keisatsu      keisatsu

  講師の先生もパワーポイントの準備が整いました。レジュメはこちらです。

    keisatsu      keisatsu

                                      keisatsu  授業が始まりました。

 

    シラバスはこちらをご覧ください。

    https://syllabus.mii.kurume-u.ac.jp/syllabus/syllabus/search/SyllabusInfo.do?nendo=2016&kogikey=123209110

    この授業はマスコミでも注目され、新聞に掲載されました。西日本新聞4月13日の地域欄です。今回の具体的な授業内容について次のように書かれていました。

   「  今回は警務課管理官の土谷武紀警視が、県警の組織や治安情勢の概要を説明。暴力団対策では、2014年9月から展開する特定危険指定暴力団工藤会の壊滅作戦について『一般人を標的にした凶悪事件でトップらを逮捕するなど壊滅寸前まで来た』と述べた  」

   授業は2年生以上の学生が対象です。 初回の警察実務講義の正確な受講者は161人でした。 授業の最後に感想・質問などを書いてもらうミニットペーパーを提出してもらいました。

                                       keisatsu

  書かれていたことを、まとめてご紹介します。

 

・昇任試験や警察学校の話がためになった。

・階級の話は知らなかったので、なるほどと思った。

・警察はみな同じような仕事かと思っていたがいろんな部門に分かれ、いろんな業務をしていることが分かった。

・自分も飲酒できる歳になったので、飲酒運転しないよう気をつけようと思った

・福岡の暴力団の多さに驚いた。

・自分で調べたこと以上のことが分かって、とてもよかった。これからの講義が楽しみだ。

・警察について自分でパンフを見るよりも詳しくて分かりやすい講義だった。

・講師の警部の話に感銘を受けた。警察官になりたいと改めて思った。

 

     日本の治安のために活躍できる心優しく優秀な警察官を是非目指してください。この講義が良い刺激になりますように。

  それでは、次回まで。