ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 法学部 > 学部案内 > 法学部公式ブログ > 2年生の専門ゼミの様子:2016年5月27日号

2年生の専門ゼミの様子:2016年5月27日号

   

  みなさん、こんにちは。

  この前1年生から4年生まですべてで開講されているゼミのうち、1年生のゼミをご紹介しました。

   今回は2年生のゼミの一つをご紹介します。1年生のゼミでの基礎的な学修に基づいて、2年生のゼミは、少し専門性が増し、専門ゼミと呼ばれます。それぞれのゼミでやり方やテーマが違います。ゼミ生は予め募集用のシラバスをよく読んで応募します。

 今回お邪魔したゼミでは、非常に身近な消費者をめぐる法の在り方を多角的に考えることをテーマにしていました。テキストは、評価が高い『基本講義 消費者法』です。消費者法の分野の最新情報がまとめられています。ゼミ生は全員購入して手元に置いていました。

 やり方は、もっともスタンダードなものでした。ゼミ生を2~3人のグループに分け、ある程度のページを割り当てて、内容を要約してレジュメにまとめて報告し、ゼミ生や教員の質問をもとに議論し、理解を深めていきます。  

semi  semi

 

 報告は、レジュメをもとに、はきはきと行われていました。

semi  semi

  他の皆さんも真剣に聞いています。

semi  semi

  この後質問がいくつか出て、教員を交えて、議論が展開しました。発言も活発でした。

   現在のテーマでの報告が一巡した後、内容を変えて、例えば、悪徳商法の事例を多数分析して報告し、何が「悪徳」かを考察したり、消費者契約法などに関する判例をディベートしたりする予定だそうです。

  消費者法の分野は、民法だけでなく、行政法・刑法・経済法など複数の法領域が関係する広がりのあるものですので、身近なことを題材にして、いろいろと深めていく楽しさがあるように思いました。おれおれ詐欺などを撃退できるようなしっかりとした知識を身につけてくれることでしょう。

 ゼミではさまざまなユニークな取り組みが行われています。また機会があれば、ご紹介したいと思います。

 それでは、次回まで。