ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 法学部 > 学部案内 > 法学部公式ブログ > かすりフェスタ ・ファッションショー(久留米大学法学部主催!):2016年7月23日号

かすりフェスタ ・ファッションショー(久留米大学法学部主催!):2016年7月23日号

  みなさん、こんにちは。

   7月23日土曜日に、久留米土曜夜市に合わせて、久留米市内の繁華街に新しく完成したばかりの新名所シティプラザ六角堂広場で、法学部主催の絣フェスタが行われました。

   実は、2015年度に学内で七夕デー(法学部主催)を行いました。その時の様子はこちらをご覧ください。

https://www.kurume-u.ac.jp/site/backno/2015-0708.html

http://www.kurume-u.ac.jp/site/hougaku/kurumekasuri-mv.html

http://www.kurume-u.ac.jp/site/hougaku/list102-293.html

https://www.kurume-u.ac.jp/site/backno/2015-0916.html

   絣といえば、久留米絣。最近おしゃれアイテムとして評価が高まっています。

   久留米絣は日本三大絣の一つです(他は、愛媛県「伊予絣」・広島県「備後絣」)が、現在、産業として成り立っているのは、20数軒の織元が存在する久留米絣だけだと言われています。久留米絣は、江戸時代に井上伝が始め、女性の社会進出の先駆けともなりました。久留米で、絣は進化し続けているのです。では、久留米絣とはどういうものか、なぜ久留米で伝統が受け継がれているのか、伝統を今生かすためにはどのような組織がどのような仕組みを作って取り組んでいるのか、地域創生の核として維持するために適切な法的枠組みはどのようなものか等々、久留米絣は地域・社会を考える上で、法学部にとっても具体的で広がりのある好テーマです。そうやってこの企画が始まりました。

   今回は、昨年度の経験を生かして、さらにバージョンアップ。久留米市民のみなさまとふれあいながら、インドネシアの民族衣装であるバティック、地域の大切な伝統産業である久留米絣について学び、また、学生による企画の絣を使ったファッションショーで、新しい久留米絣への展望を地域のみなさまと一緒に考えることにしました。

   法学はもともと「まつりごと」から始まったものです。難しいことは置いておいて、当日の活況をどうぞご覧ください。

 

   まずは、午後4時に久留米絣と久留米の過去現在未来を語るトークショーが開かれました。写真は、その後の報告会です。絣がとてもお似合いです。

kasuri  kasuri

  こちらは総合司会のお二人。

                               kasuri

 

  久留米大学混声合唱団の美しい歌声で、久留米大学の校歌や久留米市の歌、夏や故郷に関する歌が披露されました。雰囲気は盛り上がります。

kasuri  kasuri

kasuri  kasuri

  学部長の挨拶です。

kasuri  kasuri

 

   続いては、目玉企画の一つ。インドネシアの伝統工芸バティックの講演と実演会です。このために、インドネシアの国立大学から専門の先生においでいただきました。右側がプルワシト先生です。

kasuri  kasuri

kasuri  kasuri

  会場から参加者を募って製作実演も行われました。バティックはろうけつ染めで、図柄にさまざまな文化的な意味が込められています。

kasuri  kasuri

kasuri  kasuri

kasuri  kasuri

 

 さて、いよいよメインイベントです。久留米絣の服を着てのファッションショーです。

  これは、ポスター。出演者は全員法学部学生です。             

                              kasuri

   いくつもの軽快でおしゃれな60年代前後の映画音楽(オースティンパワーズ、ローマの休日、ムーンリバー、ウエストサイドストーリー、メリーポピンズ、シカゴ)に合わせて、映画のワンシーンを取り入れたショーが繰り広げられます。 昨年度のメンバーを中心に、専門の振付師(綾野由紀美さんです。ブログに練習風景などが掲載されています)に教えを受けながら、特訓しました。

kasuri  kasuri

kasuri  kasuri

                               kasuri

kasuri  kasuri

                              kasuri

kasuri  kasuri

 素晴らしい出来でした。最後に全員が集まってご挨拶。しっかり反省会もしました。

kasuri  kasuri

 会場整備も法学部生です。

                                kasuri

  街は、土曜市で大変にぎわいました。

kasuri  kasuri

   今回は、久留米市の活性化・定住促進などのために活躍されているチエツクプロジェクトさんともコラボしました。学生諸君は、久留米のことを「知り、そして好きになる」ということで、久留米に愛着を感じてくれたことでしょう。いつか定着してもらえるといいですね・・・。

   大変素敵な夏の一夜でした。

  それでは、次回まで。