ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 法学部 > 学部案内 > 法学部公式ブログ > 水の祭典久留米まつり:2016年8月7日号

水の祭典久留米まつり:2016年8月7日号

  みなさん、こんにちは。

   連日の猛暑を吹き飛ばす夏祭りが、久留米にはあります。全国でも最古と言われる筑後川花火大会は有名ですが、その前に水の祭典が市内で繰り広げられます。

 8月4日に、朝からお祭りが久留米市内中心部で行われ、街は祭り一色になって大変にぎわいました。

 公式ホームページはこちら。http://kurume-matsuri.info/index.html

                                   mizunosaiten

mizunosaiten  mizunosaiten

 

   夕方から本祭パレード、通称1万人のそろばん総踊りが行われ、久留米大学からも職員・看護師を中心に例年参加しています。 様々なグループが、市内のメインストリートである明治通りを ぐるっと一周します。通りに流れる音楽に合わせて、各グループが衣装・振付け・掛け声を工夫して、競い合います。審査もあります。 

mizunosaiten  mizunosaiten

 次第に暗くなって盛り上がっていきます。わっしょいという掛け声が響きます。

mizunosaiten  mizunosaiten

 中央近くに設けられた司会の舞台でインタビューを受けて、さらにヒートアップ。 

                mizunosaiten 

   この熱気は、翌日の夏の夜空を彩る花火大会で、クライマックスを迎えます。久留米大学の学生さんたちも、試験の合間に浴衣を着てたくさん見に行きます。今回写真を撮ることができませんでしたが、久留米大学の研究室などからも見ることができます。

 久留米市はとても活気がある街です。次回はあなたもお祭りに参加してみませんか。

 それでは、次回まで。