ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 法学部 > 学部案内 > 法学部公式ブログ > 授業紹介(9) 弁護士による『裁判実際学』のスタート:2016年10月7日号

授業紹介(9) 弁護士による『裁判実際学』のスタート:2016年10月7日号

   みなさん、こんにちは。今回は、授業紹介の第9弾です。

   久留米大学法学部は、久留米市のみならず筑後全域を広くカバーする「筑後弁護士会」と、長い連携の歴史があります。その具体的な形の一つが『裁判実際学』という授業です。

   この授業では、若手の弁護士の先生方が、毎回交代で、ご自分の得意分野の問題について、最新の体験や話題を盛り込んで、わかりやすく説明してくださいます。今年は、水曜日の4時間目に行っています。

   この授業は、学生の皆さんにも毎年大変好評で、今年も多くの皆さんが受講しています。

saibanjissaigaku saibanjissaigaku

   初回には、担当する教員(左側)から全体的な説明と、弁護士の先生の紹介がありました。

saibanjissaigaku saibanjissaigaku

   初回のテーマは自己破産などの債務整理のお話で、奨学金を借りて返還できなくなったらどうなるのかなど、学生の皆さんにわかりやすい事例を使って、借金の法的処理について説明されました。皆さん、真剣に聞いていました。奨学金を返還できなくて破産しても、保証人には返済債務が残ると聞いて、少し驚いているようでした。少し内容が実践的である分、どちらかというと一年生からというより、一通り勉強した二年生以上の皆さんにお勧めです。

saibanjissaigaku saibanjissaigaku

   丁寧なレジュメも作成され、配布されています。

saibanjissaigaku saibanjissaigaku

   この授業は、大変実践的で有益なお話が多いので、市民講座として、一般市民の方も無料で受講することができるようにしています。詳しいことは御井学舎の教務課にお尋ねください。初回も一般市民の方が参加していました。

案内と具体的な内容はこちらです。  https://www.kurume-u.ac.jp/site/backno/20160824.html

                          saibanjissaigaku

   第 2回以降、「犯罪被害者支援」「民事保全」「インターネットと法」「役立つ労働法」などと続きます。毎回が楽しみです。

   初回の授業の感想は以下の通りです。

 

・私は奨学金を借りているので、借金をしているという意識をもって、きちんと就職して、期限内に返したい。万が一返済が厳しくなったとき、是非弁護士に相談したいと思った。破産とはどういうものか知ることができてよかった。

・クレジットカードにおけるリボ払いについてしっかりとした知識を持っていなかったので、勉強になった。また、破産について今までよいイメージを持っていなかったが、今回の講義で見方が変わり、いざというときには使ってよいものだと思った。

・債務整理について三種類の法的処理を具体例を交えて説明していただいた。大変わかりやすかった。

・奨学金を利用しているので、弁護士の方のリアルなお話を聞くことができて、よかったです。

・破産したからと言って、人生終わりと思うのではなく、弁護士に相談することができるということを忘れずに、これから生活していきたいと思った。自己破産について世間の持っているイメージと実際は違ったので、びっくりしました。しかし、偏見の目は少なからずあるので、他人に知られないように配慮されていると聞いて、さすがだと思って安心しました。

・奨学金は、安易に借りると、結婚しても借金が残り家族に迷惑がかかると聞く。自分も奨学金に似た学生ローンを借りているので、できる限り返済の努力をしなければならないと思った。破産が意外にもメリットが多いと聞いて、驚いて見方が変わった。

・大学生のうちは、借金はまだ身近ではないと思ってたけど、20代の破産が多いことや、それが社会問題にもなっていることを知り、他人事ではないんだなと感じました。自分がもし借金を払えなくなったときに、正しい対処法を知っておくのは大切だなと思いました。

・今日は、はじめて知ることが多く、これからの自分の人生に役立つ講義だったと思う。

・私は奨学金をもらっているんですが、いろいろな手続きなどはすべて親に任せっぱなしだったので、詳しいことは全然知りませんでした。今日の講義を聞いて、自分でもしっかり理解しておかなければならないと思いました。今から頑張って、ちゃんと奨学金を返すことができるようにして、今日のことを忘れずに生活していきたいと思いました。

・なるべく借金はしないようにしたいと思いました。無理な買い物などは要注意です。

・破産したらローンが組めなくなることを初めて知りました。

  それでは、次回まで。