ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 法学部 > 学部案内 > 学部概要 > 学部長挨拶 | 法学部

学部長挨拶 | 法学部

  多様な価値観や利害を持った人たち同士が協働して様々な社会活動をおこなう仕組みが法です。そしてそうした仕組みを作り出していく営みが政治ということができます。法と政治によって、私たちはできるだけ自由に活動しながら、多様な価値観を持った人たちと共存して、一定の秩序ある社会生活をすることができるのです。法学部法律学科と国際政治学科では、そうした社会の実現のために個々の法がどの様な役割を果たしているのか学ぶと同時に、国際社会を含めた現実の社会では実際にそうしたことが実現されているのか、そこにはどんな問題があるのか、その問題を克服するためにはどの様な制度を作る必要があるのか、といったことを学ぶことになります。この様に法学部で学ぶ法学や政治学は、社会で人々が協働して活動していく上で不可欠な知識を提供するものです。法学部卒業生が、社会の様々な領域に受け入れられ、活躍しているのはこうした理由からです。法学部での学びはきっと将来の皆さんの大きな力となるでしょう。

法学部長  神原和宏