ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 法学部 > 学部案内 > 法学部公式ブログ > 熊本・大分での群発地震:2016年4月17日号

熊本・大分での群発地震:2016年4月17日号

   みなさん、こんにちは。 

    4月14日夜9時過ぎと16日深夜1時過ぎに、熊本を震源とする最大震度7の地震が起きました。その後、震源を阿蘇、大分方面に移しながら大きな地震が群発しています。

  これほど近くで地震が相次ぎ、その被害の甚大さに衝撃を受けています。震災にあわれた全ての皆さまに心からお見舞い申し上げます。

  また、現場で懸命に捜索や救助・救援活動に取り組んでいらっしゃるすべての皆様に心から敬意を表します。

 久留米市もかなり揺れました。特に、16日深夜の本震の時は、大学も少なからず打撃を受けました。多くの研究室で、本などが散乱しました。建て替え前の古い研究室の一部ではスチール製の本棚が壁から外れて倒れたところもありました。

   散乱の状況は、こんな感じです。

         jishin

   法学部には熊本から通っている学生の皆さんもたくさんいます。新幹線が不通になって通学できなかったり、ご実家が損壊したりして、困っています。大学では、現状把握を急ぎ、授業の欠席対策など、できるところから確実に取り組みを進めています。

   医系キャンパスでは総力を挙げて、人命救助などにいち早く取り組んでいます。

   大学としてどのように社会的責任を果たすことができるか真剣に考えて行動に移さなければなりません!