ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 法務研究科 > 研究科案内 > 研究科概要 > 教育の理念および目標

教育の理念および目標

久留米大学法科大学院は、地域に密着し、地域社会や地域の人たちのために誠実かつ勤勉に活躍する「人に優しい法曹」の養成を目指します。

そのためにこそ、以下のような教育を行い、専門に偏りのない総合的で、深く実務に通じた法曹を世に送り出していきます。

特に次のような点を重視した教育をおこないます。

  1. 人間や法のあり方を真剣に考察しつつ、実践の場での法の適用の問題にも習熟した法曹を養成するために、理論と実務を真の意味で統合した教育を行い、同時に、法哲学や法社会学といった基礎法学にも配慮した教育を行います。
  2. 21世紀社会にとって不可欠な「人の痛みがわかる法曹」を養成するために、憲法、とりわけ基本的人権を重視した教育を、公法だけではなく、民事法、刑事法の領域においても実現します。
  3. 人の話に真剣に耳を傾け、人と真剣に対話できる法曹を養成するために、徹底した少人数教育を実践し、個々の学生の能力を伸ばすとともに、真の意味でコミュニケーション能力を高めます。

久留米大学法科大学院では、このような教育を通じて、21世紀のわが国司法界を担うにふさわしい豊かな教養と専門的な法知識そして強い倫理性をそなえた法曹の養成をめざします。


国際交流交通アクセス