ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

修了生の声

弁護士 西浦賢一 (福岡清新法律事務所)の画像

弁護士 西浦賢一 (福岡清新法律事務所)

久留米大学法科大学院の思い出

 私は24歳のときに、久留米大学法科大学院に入学しました。入学時の私の学力は司法試験どころか進級すら奇跡のようなレベルでしたが、少人数ゆえに共に競い合いながら仲良くなった(なりすぎた?)同期や大変熱心にご指導いただいた先生方のおかげで、楽しい学生生活を送れました。ときどきはペンを焼鳥に、コーヒーを焼酎に持ち替えて勉強したての法律談義に花を咲かせていました。
 久留米大学法科大学院はやる気がある人には申し分ない学習環境を与えてくれていると確信いたします。

現在弁護士としてどのような仕事をしているか

 現在、私は福岡市内で弁護士として働かせていただいております。この1年間で、一般民事、破産、再生、交通事故、労働、離婚、相続、刑事、少年、民事執行等多くの事件に携わらせていただきました。日々勉強の毎日です。
 また、依頼者も含めて人とコミュニケーションをとる機会が非常に多く、いろんなタイプの方とお会いするので少々大変な場合もあります。仕事を通じて、依頼者の方に満足していただくためには、事案処理を適切に行うことはもとより、礼儀や迅速で細やかな対応を含め、優れた人格も要求されていると感じるこの頃です。

 


国際交流交通アクセス