ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

キャリア教育

教育・学習支援センター
キャリア教育

久留米大学では、入学から卒業まで一貫したキャリア教育・支援に力を注いでいます。
その中で、入学直後から3年の就職支援までをつなぐ全学部共通のキャリア教育は、一人ひとりが満足するキャリアを選択できるように最善の学びの時間と空間を提供しています。
将来に向かって自らがどのように生きて働くことがベストなのかについて1年次から時間をかけて体系的に模索できる学びの機会を提供します。

1年次 まずは「自分」と「社会」を知る。
基礎科目 大学とキャリア

 先輩たちから刺激をもらい、卒業後の自分を創造する。

大学生活をより充実したものにするために、大学での学びをはじめ部活動・サークル活動、旅・留学、その他の諸活動、アルバイト、インターンシップ、就職などのテーマ別に先輩・社会人からアドバイスをもらいます。最終的には、自らの将来のキャリアを検討しつつ、大学生活の目標の設定と行動計画を記した「アクションプラン・シート」を作成して、大学生活を充実させていくためのバイブルにしてほしいと考えています。

大学とキャリア

ここが特色

社会人基礎力を伸ばす。

「大学とキャリア」では、まず基礎力(ジェ ネリック・スキル)を測定する適性検査を 実施しています。この結果をもとに、今後働く上で必要な基礎力の向上を意識 して授業を行います。特に、他者とのベストな関わりをもたらす「コンピテンシー」の向上に注力しています。

 

基礎科目 社会とキャリア

 現代ビジネスを知り、将来の選択肢を広げる。

学生が将来のキャリアをより良く選択するために、幅広く現代の社会・ビジネスについて学びます。実際に起きている問題・テーマを取り上げて、多角度から検討します。また、「仕事とプライベート」「恋愛と結婚」「育児と介護」「離職と転職」などについても討論します。その他、批判的な思考(クリティカル・シンキング)と論理的な書き方(ロジカル・ライティング)の基礎を学び、大学での学びや将来に向けて実践できるように学びます。

 

2年次 実際に「社会」・「仕事」に触れる。」
基礎科目 仕事とキャリア

 多様な働き方を学び、自らのキャリアを検討する。

将来のキャリアを検討するために具体的なビジネス社会の仕組みや現状・課題について学びます。また、実際に第一線で活躍されているさまざまな人をお招きして業界、企業(事業所)、仕事について熱く語っていただいた後、学生とディスカッションします。多様な生き方、働き方を知った上で、今後の自らの具体的なキャリアを検討する絶好の機会と捉えています。2年の段階で知識を習得することでその後の学生生活の過ごし方に変化をもたらします。

仕事とキャリア

ここが特色

先輩、経営者、社会人がセンセイ。

生きること、働くことを考える時、多様な考え方をする人との出会いが大事だと考えています。授業では、ロールモデルとなる学生、多様な価値観を持つ社会人、ビジネスの第一線で活躍している経営者など多くの方々からの学びの機会を提供しています。

 

実践科目 インターンシップ

 授業の一環で有意義な就業体験をする。

インターンシップとは、自らの専攻もしくは将来のキャリアに関係する就業体験のことをいいます。インターンシップでのより良い学びとするために本科目では、(1)業種・職種・企業の理解(2)社会人として必要なヘア・メイク、そしてビジネスマナーとコミュニケーション(3)職業観、人生観について検討する機会を設けています。

 

3年次 知識を応用して、「実践」「体験」する。
実践科目 キャリア・フィールドワーク

 ビジネスの現場に入り、課題を解決・提案する。

キャリア・フィールドワークとは、これまでの社会・ビジネスの基礎知識をもとに、実際に事業所(企業・行政)のオフィスやショールームなどに学生自らが出向いて、現場の方々から実際のビジネス・仕事について学びます。書籍やネットでは知ることのできないビジネスの現実を学びます。その後、各事業所からの問題を提示していただき、その解決のためにグループで検討した結果を事業所の方々の前でプレゼンテーションして評価してもらいます。

キャリア・フィールドワーク

ここが特色

学びのフィールドは、教室だけではない。

教室だけが学びの場所でなく、現場・現実・現状を知るために、学外に積極的に出かけて学びます。実際に見て、感じて、考える感性と思考を育てる実践型授業を目指しています。

 

 

実践科目 キャリア・プロジェクト

 自ら企画を考え実行する。

キャリア・プロジェクトは、これまでキャリア教育で学んできた知識を応用して、実際にある企画をプロジェクトとしてグループ・クラス全員で取り組むPBL型(プロジェクトを基礎とした学習)授業です。これまで大学の就職・キャリア支援課と提携して、大学で約150社の企業を招致して行う合同企業説明会や学内の業界研究セミナーなど大規模なイベントの学生スタッフとして企画から運営までに携わってきました。

キャリア・プロジェクト

ここが特色

大学から職業への移行がスムーズに。

実践的なキャリア教育を通じて、生きること・働くことについて学ぶ機会を設けています。特に、知識だけでなく、「実践」「体験」「経験」によって、大学から職業への移行に確実につなげます。

 

 

すべてのキャリア教育科目に先輩アシスタントがついています!

キャリア教育科目の授業すべてを先輩アシスタントがサポート。担当教員の指示のもと、講義中きめ細かいサポートを行います。特に、「大学とキャリア」は総勢20名のアシスタントが教員とともに授業前後と週1回のミーティングで意見交換をして、より良い授業にするための検討を重ねています。また、進路を決定した優秀な先輩アドバイザーに自身の経験を話してもらう機会を設けています。

先輩アシスタント