ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本部長挨拶

産学官連携戦略本部長・学長 永田見生  

  産学官連携戦略本部長・学長
  永田 見生
 

産学官連携による研究成果の社会還元を目指して

 久留米大学の運営に対しまして、日頃より温かいご支援をいただき、厚くお礼申し上げます。
 今、我が国においては、「知」の創造と活用を図ることに大きな価値が置かれる「知識社会」の到来により、産・学・官のそれぞれのセクターにおいて産学官連携への動機が高まりを見せ、大学の活性化と国家・社会の発展のために産学官連携の一層の強化が必要となっています。その中で大学は、社会全体の「知」の源泉として重要な役割を担っており、大学の研究成果等を活かすための産学官連携への国家的な期待・要請に応えるため、本学は、研究成果の社会への技術移転を、教育と研究に並ぶ大学の使命と考えています。また地域レベルでも、地方公共団体による同様の期待の下で、活力ある自立した地域づくりの有力な施策として、大学の独創的コンセプトから生じた技術シーズに基づく新産業創出を目指した様々な取組を行っています。
 地域経済の活性化という視点で、自治体・地域企業等との連携を密にしながら、医工連携による幅広い産業ニーズに適応した共同研究の創出、出願特許の質的向上、技術移転の効率化を進めながら、積極的に活動に取り組んでいますので、産業界・行政の皆様のご支援をお願い申し上げます。
医工連携

入試情報国際交流交通アクセス