ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

受託研究

受託研究とは

 久留米大学が、地方自治体、教育研究機関、各種団体、民間会社等学外からの委託を受けて、本学の業務として行う研究(調査、試験、検定、試作及び製作を含む。)で、これに要する経費(受託研究費)を委託しようとする者(委託者)が負担するものを「受託研究」といいます。
 受託研究終了後は、原則として1ヶ月以内にその成果を委託者に報告いたします。

受託研究の申請

 委託者は、受託研究申請書と研究計画書を原則として研究開始日の1ヶ月前までに、研究代表者が所属する講座等の責任者(所属長)の承諾を得て、旭町キャンパスについては産学官連携推進室、御井キャンパスについては御井学舎庶務課にご提出下さい。
 様式および記載例は、以下からダウンロードできます。

受託研究の流れ

受託研究は、次の手順で行われます。
 1.受託研究申請書の提出
 2.審査
 3.決定
 4.受入れの通知
 5.契約の締結
 6.研究費の納入
 7.研究の開始
 8.研究の完了
 9.報告
10.成果の公表

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


入試情報国際交流交通アクセス