ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 産学官連携 > 研究・産学官連携 > 寄付・公的資金関係 > 医学部研究助成金【全ての方対象】

医学部研究助成金【全ての方対象】

 医学部研究助成金は、寄付者の希望される医学部の講座等で研究活動資金として、有効に活用されます。上記の募金に対して支出された寄付金は、税制上の優遇措置が受けられます。詳しくは、ページ下部の「減免税措置について」をご覧ください。
 本学の医学・医療研究についてご理解・ご賛同いただき、皆様からのご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

募集対象

すべての方

お申し込み方法

(1)本学指定の寄付申込書に必要事項をご記入の上、下記申込書提出先までご提出ください。

(2)申込書ご提出後、下記金融口座へお振込みください。

振込先
 銀行郵便局
振込先

福岡銀行 久留米営業部

(普)1377567

01710-7-45034
口座名学校法人久留米大学 理事長 永田 見生 がっこうほうじんくるめだいがく りじちょう ながた けんせい

 ※専用の振込用紙をご用意しておりますので、必要な方はお申し付けください。

寄付申込書

研究助成金寄付申込書(PDF)  研究助成金寄付申込書(Word)

減免税措置について

 法人の場合は法人税法、個人の場合は所得税法上の優遇措置が適用されます。医学部研究助成金は、寄付金額の一定の限度額までを損金に算入することができます。

 

個人

法人

医学部研究助成金

【所得税】
所得控除≪所得から差引かれる金額≫
→寄付金の額(総所得金額等の40%限度)-2千円=
寄付金控除額
税額控除≪所得税額から差引かれる金額≫
→(寄付金の額-2千円)×40%(上限)
=控除対象額(所得税額の25%が限度)

【住民税】
本学の寄付は、所得税の寄付金控除の対象であるため、住所地の各都道府県・各市区町村の条例により指定された場合、個人住民税(寄付を行った年の翌年度分)が優遇措置の対象となります。
なお、上記所得税の確定申告書を提出された場合は、個人住民税の申告は不要です。

  一般寄付金の損金算入限度額と
同額の損金算入額が別枠で認められています。
注1 寄付者が法人として寄付金を支出した場合でも、所轄税務署がその法人の役員等が個人として負担すべきであるとみなしたものは、その負担すべきものに対する給与とみなされることがあります。
注2 法人が各事業年度において支払った寄付金の額を仮払金等として処理した場合には、当該寄付金はその支払った事業年度において支出したものとします。したがって、翌年度の寄付金支出として認められません。 
減免税の手続きには、申告の際に以下のものが必要となります。
医学部研究助成金個人

・ 本学発行の「領収書」
・ 本学発行の「特定公益増進であることの証明書(写)」
・ 本学発行の「税額控除に係る証明書(写)」

法人

・ お振込みの際にご使用になった払込取扱票の控え
・ 本学発行の「特定公益増進であることの証明書(写)」

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


入試情報国際交流交通アクセス