ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 国際交流センター > 国際交流 > 留学 > 海外留学先大学(アジア圏)

本文


海外留学先大学(アジア圏)

南開大学(中国)

南開大学は中国でも1、2を争う名門校であり、外国人に対する中国語教育に関しても非常に高いレベルを有しています。所在地の天津市は中国の中では、最も治安の良好な都市として知られています。また、他の大都市と比較して物価も安く、生活条件に恵まれています。1997年に留学協定が締結され、留学生の派遣も行っています。

体験者の声

授業はもちろん全て中国語で行われます。初めは苦労しましたが、先生が習った言葉で説明してくれ、毎日しっかりと予習・復習していたので、だんだんと慣れてきました。日本語を学んでいる中国人学生との相互学習も行い、一緒に勉強したり、買い物や観光に行ったりもしました。

吉林大学(中国)

吉林大学は、中国東北地区中部の吉林省省都である長春市に位置する、中国国家教育委員会直属の重点総合大学です。1946年に創立され、学生数は約10,000人、そのうち外国人留学生が約270名在籍しています。国際交流と協力を重視し、すでに世界各国20余りの国や地域の70以上の大学及び教育機関と学術交流関係を結んでいます。長春市は気候も穏やかで緑が多く、文化・森の都として知られています。1999年に留学協定が締結され、留学生の派遣も行っています。

体験者の声

授業には、閲読・作文・聴力・口語・精読の5教科があります。授業が進むにつれて単語を覚えることが必須で、必然的に日常生活に役立つことになります。HSK対応の聴力の授業では、中国の文化や風習を学ぶこともできました。全ての授業で、クラス全員に発言の機会を与えてくれます。

北京第二外国語学院(中国)

北京第二外国語学院は、1964年に創立され、学生数約1,900人の大学です。観光英語学部、観光日本語学部、外国語、観光外経学部、飯店管理学部、中国言語文学学部の6学部があります。中国国家旅行局が直轄する大学で、目的は中国全土の旅行機構、旅行者、ホテルなどの観光関連事業体に対して、通訳、添乗員、旅行業務管理者、あるいは国際貿易専門人材を養成しています。日本、アメリカ、ドイツなどの国において、20以上の大学あるいは研究機関との間に有効な交流関係を結んでおり、国際学術交流が行われています。2000年に留学協定が締結され、留学生派遣を行っています。

体験者の声

授業は毎日4時間あり、全て中国語で行われます。初めは戸惑うこともありましたが、徐々に耳が慣れていきました。またHSKという中国語試験の勉強にも力を入れました。今後はまだまだ自分の中国語能力を伸ばすため、引き続き中国人との交流を深めたり、さらに資格等のレベルを引き上げていきたいと思います。

全州大学(韓国)

全州大学は、韓国の中西部、豊かな穀倉地帯に位置する全州市にある、キリスト教系私立総合大学である。「真理・平和・自由」を教育の基幹とし、迫り来る国際化へ向けて外国語教育に力を注ぐとともに、成熟した人材を育てることをも目的としている。10の学部と7の大学院を有し、約12,000人の総学生と約800人の教職員が一体となって、“社会的価値を創出する創造的実用人材の養成を目的”に最善を尽くしている。2003年10月に学生交換協定が締結され、2004年4月から学生の派遣・受け入れを開始しました。

体験者の声

韓国語の勉強以外にも、全州市が主催する韓国文化体験・学習の授業を受け、日本文化と似ているところや違いを比較したりもしました。今後はTOPIK(韓国語能力試験)の上級の勉強に力を入れ、韓国の友人とも積極的に会話をし、韓国語能力を総合に伸ばしていきたいです。

建陽大学(韓国)

建陽大学はグローバルな人材を育成する「就職名門」大学である。キャンパスは論山市と大田市に所在し、在学生約7,600名、8学部を有する。特に医学部は有名。世界15カ国100以上の大学と提携を結び、国際交流においても盛んな大学である。放課後の時間も有効に使えるよう様々なプログラムを運営するなど、充実した大学生活を支援している。

体験者の声

留学したきっかけは、語学をもっと勉強したいと考え、また、外国の人々と交流を深めたいと思ったからです。建陽大学では、留学生のための語学院が設置されていて、韓国人の先生が韓国語を丁寧に教えて下さいます。留学に戸惑うこともありましたが、日本に帰国した今、少し寂しくも感じます。とても充実した6ヶ月間になりました。

梨花女子大学(韓国)

ソウルに立地する梨花女子大学は、アメリカの宣教師によって1886年に創始された、世界最大の女子大学。学生数は約20,000人で、キリスト教精神のもとに、女性の健全な人格と教養及び専門知識を備えられるよう教育を行い、積極的な研究と社会奉仕を通じた国と人類社会の発展貢献を目的とする。韓国内では女子学生の教育機関だが、留学生(語学研修生含む)は男女を問わず受入れている。

体験者の声

韓国での留学生活では想像していた以上に言語の壁や文化の違いを感じ、苦労することも多かったですが、今ではその分、その何倍も得たものが大きいと感じています。語学同では様々な国から、多様な目的や事情で集まったクラスメイトと勉強するので、語学だけでなく人生観や価値観など、知ることも学ぶことも多かったです。

南台科技大学(台湾)

南台科技大学は、1969年に創立され、学生数16,000人の大学です。工学、商学、管理、人文社会などの学群があります。日本語教育も盛んで、約400名が日本語を学んでおり、本学の大学院卒業生が教師として活躍しています。海外の22校の大学と学術交流が行われています。2001年に学生交換協定が締結され、2003年に第1交換留学生の派遣と受け入れを開始しました。

体験者の声

半年間の留学でしたが日常会話は問題なくできるようになりました。寮では台湾人学生のルームメイトとお喋りを楽しんだり、文法を直してもらったりと、日常的に会話練習ができたので、上達も早かったのだと思います。授業がレベル別に分かれており、中国語が初級の学生でも安心して留学できる大学だと思います。

呉鳳科技大学(台湾)

台湾の呉鳳技術大学は、1963年に「呉鳳商業専科学校」として開校後、2000年に「呉鳳技術学院」、2010年に「呉鳳科技大学」として発展した大学です。学生数は約8,000人で、工学、商学管理、人文社会・安全などの学群があります。2007年12月に本学との協定を締結しました。

銘伝大学(台湾)

銘伝大学は、台北市にある総合大学で、台湾内に4か所、アメリカに1か所キャンパスがあります。学生数は約20,000人で、世界各国からの留学生も学んでおり、台湾では最も国際的な大学としてコミュニティーと共に発展しています。 2014年7月に学術交流協定が締結されました。

体験者の声

銘伝大学には国際学院があるので、様々な国の学生と関わることができます。大学の授業ではグループワークやプレゼンをする機会が多く、良い刺激を受けました。留学当初は「謝謝」しか話せなかった中国語は、留学を終えることには台湾人と冗談を言い合えるまでに上達しました。