ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

卓球部 ―文系学部

部長の加藤田さん 

 目標に向かって「一球入魂!」

 

 卓球部 部長
 文学部社会福祉学科3年
 加藤田 智博
(かとうだ ともひろ)
 (福岡県 久留米筑水高等学校出身)

 

※掲載内容は2017年7月発行本学広報誌のものです。

 

プロフィール

部員/27名
活動日時/火・木(18:30~21:00)、土(10:00~13:30)
活動場所/第2体育館1階

活動内容

試合の様子私たち卓球部は、九州地区大学体育大会(九州インカレ)で、団体2部昇格、シングル・ダブルスでベスト32以上を目指し「一球入魂!」をモットーに練習に励んでいます。

私は、高校でも卓球部でしたが、最初は大学で続ける気はなく、卓球部には入っていませんでした。しかし、友人に誘われ、自分も「インカレに出場したい」と思い入部しました。大学は高校と違い部員が多く、いろいろな戦型(プレースタイル)の選手と練習できるので、卓球の技術向上の面でも恵まれています。

練習は、フットワークやラリーなどの基礎練習や試合形式の練習をしています。昨年からは新たな取り組みとして、佐賀大学や西南学院大学との練習試合も始めました。

その成果もあって、大会での入賞も着実に増えています。昨年夏の九州インカレではダブルスでベスト8になった部員もいます。

集合写真私は部長として、あいさつなどの礼儀や、多い部員がうまくまとまるよう団体行動のルールなどの指導を心掛けています。部の雰囲気も良く、プライベートでも食事に行ったりと仲が良いです。

卓球は、最近では日本人選手の活躍もあり、テレビでも見かけることが多くなりました。激しいラリーを制した時はとても興奮しますし、見ていても盛り上がります。

女子部員も募集しています。初心者の方も大歓迎なので、ぜひ一度体育館に足を運んでみてください。