ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

陸上競技部 ―医学部

金田くん 顔写真 

 九州山口医科学生体育大会、
 西日本医科学生総合体育大会に向けて
 練習に励んでいます

 

 陸上競技部 主将
 医学部医学科4年
 金田 司朗
(かねだ しろう)
 (大分県 大分豊府高等学校出身)

 

※掲載内容は2017年4月発行本学広報誌のものです。

プロフィール

部員/66名
活動日時/前期:週3回、後期:週2回
活動場所/グラウンド

活動内容

集合写真私たち陸上競技部は、九州山口医科学生体育大会(九山)、西日本医科学生総合体育大会(西医体)での上位入賞を目標に練習に励んでいます。大会では個人競技が主になりますが、4×100mリレーや4×400mリレーといった団体戦もあり、部員の出場種目には全員で応援するといった団結力が自慢です。

昨年の西医体では女子が総合準優勝し、個人でも優秀な成績を収めた部員がたくさんいます。4月には、九山が久留米総合スポーツセンター陸上競技場で行われる予定で、部員全員で上位入賞を目標に練習に励んでいます。

現在、66人の部員が在籍していて、最も部員の多い部活動です。
私自身陸上経験はなかったのですが、先輩後輩を含め部員同士がとても仲良く明るい雰囲気にひかれて入部しました。大学から陸上を始めた部員が多く、部の明るくアットホームな環境が好きで入部した部員がほとんどです。

練習は前期が週に3回、後期は週に2回で、バイトや勉学とも両立できる部活です。陸上は個人競技と思われがちですが、練習は短距離、中長距離、投てきに分かれて各パートみんなで楽しく練習しています。また、練習の他に夏はラフティングレクやキャンプレク、冬はスノボレクや他のさまざまなスポーツレクなどのイベントを年中通して行い親睦を深めています。

新入生の皆さんには陸上部の競技としての魅力はもちろん、部活の楽しい雰囲気を感じていただけたらと思っていますので、ぜひ一度陸上部に足を運んでみてください。

競技中の様子