ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > KU now > 先生に聞いてみよう > 広報誌で紹介した教員 > 外国語教育研究所 ロバート シャテラン 先生

外国語教育研究所 ロバート シャテラン 先生

シャテラン先生顔写真

 

コンピュータと英語コーパスを駆使して
さまざまな文脈の語彙使用や頻度を調査し
英語学習に役立てる

 

外国語教育研究所
准教授 Robert Chartrand(ロバート シャテラン)

 

※掲載内容は2016年1月発行本学広報誌のものです。

プロフィール

出身地 /モントリオール・カナダ
最終学歴/九州工業大学大学院情報工学研究科
取得学位/博士(情報工学)
本学着任/2005年

Q1.研究テーマ・専門分野について教えてください

私の研究テーマは、言語学習とテクノロジーです。

私自身英語の教員ですので、ソフトやインターネットを駆使したコンピュータ、ポータブル機器を用いた効果的な英語学習を研究しています。

また、コンピュータを用いて新聞や書籍、雑誌などの出版物に用いられている言語を分析するコーパス言語学の研究も行っています。

Q2.研究テーマ・専門に興味をもったきっかけは何ですか?

数年間いくつかの外国語スクールや高校で教えた後、もっと言語教育についての知識を高めたいと思い、アメリカのバーモント州にある大学でTESOL(外国語としての英語教育)について修士号を取りました。

私は、コンピュータと言語学習に関心が高かったので、日本の高校生を対象にCALL(コンピュータを活用した言語学習)を使用した英語教育に関しての修士論文を書きました。

Q3.研究・専門テーマと社会との関係について教えてください

先生の写真今やコンピュータ、スマホ、タブレットなどがわれわれの暮らしにおいて重要な役割を果たしていることは明らかです。

世界中の本や新聞を読むことができ、音声でもそれらを聞くことができます。

とりわけ外国語学習において便利なサイトの一つであるグーテンベルク・プロジェクトというものを紹介します。

このサイトから多くの著作権フリーの本やオーディオ・ブックをさまざまな形式や言語でダウンロードできます。

早速http://www.gutenberg.org/にアクセスして読みたい本を探してみてはいかがですか?

先生からのメッセージ

最近は学習者がマイクに向かって話しかけるとコンピュータがその人の発音を分析し、英語の発話力を採点してくれ、さらに向上するためのアドバイスをしてくれるようなウェブサイトもあります。

先に述べたコーパスを使用すれば、学習者は状況に応じた語彙を豊富な例の中から探し出し、簡単に自然で洗練された文章を書くこともできます。

これらの便利なツールは数年前までは存在すらしなかったものです。

これらの最新の技術を用い、より効果的に外国語学習に取り組める時代が到来したのです。

先生のこだわり ~コンピュータによる最新技術をどのように外国語学習に役立たせるか~

グーテンベルク・プロジェクト目下在外研究で英国のバーミンガム大学に滞在しています。

電子コミュニケーション手段が社会と深く関わっていることを強く実感しています。

新しい情報を取り入れて前進していくために何ができるのかしっかりと見据えていく必要があります。