ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

久留米大学の歴史

久留米大学の誕生

 
久留米大学は、1928(昭和3)年に、九州医学専門学校として産声をあげました。

創立時には、ブリヂストンの創業者である石橋正二郎氏と兄の徳次郎氏により、広大な土地と3階建ての立派な建物が寄贈されました。その建物は、現在も大学本館として歴史を刻み続けています。

石橋正二郎氏は他にも久留米市に石橋美術館(現・久留米市美術館)を含む石橋文化センターを建設寄贈されるなど、久留米市の教育文化の発展に大きく寄与されました。その郷土を愛する熱き思いは今も本学の教育・研究・医療・地域貢献の営みの中に息づいています。

 

創立当時の大学本館 大学本館

創立当時と現在の大学本館

Web Bookで見る久留米大学の歴史

 

現在の久留米大学

2018年に創立90周年を迎える本学は、6学部13学科、5つの大学院研究科、2附属病院、21の研究所センターなどを擁する九州でも有数の総合大学へと成長しました。

久留米市内の5か所にキャンパスや施設を設け、地域に根差した教育・研究に力を注いでいます。


旭町キャンパス大学病院御井キャンパス

創立90周年記念特設サイト


医学部や大学病院などがある「旭町キャンパス」は、九州地方最大の河川である筑後川のほとりにあり、医学科の授業が行われる教育1号館からは雄大な筑後川の景色を楽しむことができます。

旭町キャンパスマップ

旭町キャンパスの写真御井キャンパスの写真

文系学部がある「御井キャンパス」は、高良山のふもとにあります。キャンパスは自然に囲まれ、その景色に癒されますが、すぐ近くにはJR久留米大学前駅やバス停があり、交通アクセスも良好です。

御井キャンパスマップ

 

このように自然に程よく近いキャンパスで、学生たちはのびのびと勉学に励み、キャンパスライフを楽しんでいます。