ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


在学生から高校生へメッセージ

久留米大学で充実したキャンパスライフを送る在学生から、受験を控えた高校生へメッセージです。

人間健康学部 総合子ども学科 2年 竹平 真依さん

竹平 真依さん
「文医融合」の学びで日々成長しています。

竹平 真依さん

人間健康学部 総合子ども学科 2年
(福岡県 筑紫女学園高等学校出身)

もともと、子どもが好きで、中学生の時に将来は子どもと接する仕事に就きたいと思っていました。久留米大学の総合子ども学科を選んだのは、「文医融合」による学びができることに魅力を感じたからです。保育や幼児教育学などの学問に加え、久留米大学病院の小児科の先生から医学分野を学ぶカリキュラムもあり、病児の知識など将来に役立つことを学べます。その他、常時使えるピアノ練習室などの充実した設備、保育園・幼稚園などでの実習、そして丁寧に指導してくださる先生方など、学修環境はとても恵まれています。さらに学びを深め、私が目指している総合的に子どもの育ちを見守ることができる幼稚園教諭になりたいです。受験生の皆さん、適度に休息を入れながらメリハリをもって勉強を頑張ってください。乗り越えた先にあるのは素晴らしい大学生活です。久留米大学のキャンパスで待っています!

医学部 看護学科 2年 工藤 悠弓花さん

工藤 悠弓花さん
実践的な看護をしっかり学べます。

工藤 悠弓花さん

医学部 看護学科 2年
(福岡県 明善高等学校出身)

久留米大学の看護学科の大きなメリットは医学部に属していること、そして主な実習先である大学病院が隣接していることです。臨地実習がとても充実しているうえ、医学科の学生が行う解剖学の実習を見学するカリキュラムなどもあり、実践的な学びができています。理想とする看護師になるために日々努力していますが、私はより有意義な大学生活にしたいという思いから、医学部の陸上競技部に所属しています。また、文系学部の陸上競技部の練習にも参加していて、普段は交流することが少ない文系学部の学生たちにも刺激を受けています。これからも学業と部活を両立させ、将来は医療の最前線である大学病院の看護師になりたいです。受験勉強を頑張っている皆さん、将来の夢が決まっている人は夢の実現のため、まだ夢が定まっていない人は将来の可能性を広げるために、努力を積み重ねてください。応援しています。

商学部 商学科 4年 小村 泰生さん

小村 泰生さん
ゼミや就職支援のおかげで、
第一志望の会社に内定しました。

小村 泰生さん

鹿児島銀行 内定

商学部 商学科 4年
鹿児島県 川内高等学校出身)

久留米大学は学生のことを親身になって考えてくれる大学で、就職相談に関しても、一人一人の思いに丁寧に対応してくれます。2年生からお世話になったゼミの先生は、進路に関して行き詰まった時にも私に正面から向き合ってアドバイスしてくださいました。また、就職ガイダンスや就職合宿などの就職支援行事も充実しており、第一志望の鹿児島銀行から内定をいただくという成果につながったのも、さまざまな方のサポートのおかげだと思っています。学生に寄り添ってくれる先生や職員の方が多く心強かったです。来春には卒業し社会人となりますが、大学で学んだことを生かして、地元の鹿児島の経済発展に貢献できるよう頑張ります。久留米大学への入学を志望している皆さん、この大学は自分の挑戦する気持ちに応えてくれる大学です。久留米大学でいろいろなことに挑戦してください。