ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > KU now > Zoom in Kurume > 生活編 > 学生とアルバイト ― Zoom in Kurume(4)

学生とアルバイト ― Zoom in Kurume(4)


生活編レポーター 平山くん


 

寒い日が続きますね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

今年もZoom In Kurumeどんどん更新します。ご愛読をよろしくお願いいたします。

さて、大学生はテストが終わり春休みに突入ですね。中には年末年始にたくさん出費したから、春休みはアルバイト三昧という方もいらっしゃると思います。また、春休みを機にアルバイトを始める人や、大学に入学してアルバイトを始めようと考えている高校生も多いと思います。お話を伺った学生課の皆さん

アルバイトといえば、ブラックバイト等、学生がトラブルに巻き込まれるニュースが目立ちます。

そこで今回のZoom In Kurumeは「学生アルバイト」を取り上げます。記事を書くに当たり、学生課(御井キャンパス)にお話を伺いました。学生がアルバイトをする上で気を付けなければならないことや、何らかのトラブルに巻き込まれた際の対処法について書きます。これからアルバイトを始める方や、現在アルバイトでお困りの方の役に立てれば幸いです。

 

筆者「大学生とアルバイトはどんな関係ですか?」

学生課「大学生からアルバイトを始める方が大多数です。お金を稼ぐことも大切ですが、アルバイト先は、学校では学べない体験や人間関係をとおして社会の重要性について考えることができる学びの場でもあります。しかし一方で、多くの問題が発生しているのも事実です。」

筆者「問題とは、ニュース等で取り上げられているブラックバイトと呼ばれるものだと思います。具体的にどんな状況ですか?」

学生課「久留米大学の取り決めでは22時以降の労働は認められていません。しかし、学生が夜中までアルバイトせざるを得なかったり、テスト期間になっても労働時間が減らず学業に影響を及ぼしたりすることが挙げられます。」

筆者「近年、特に多いトラブルはありますか?」

学生課「お中元やお歳暮、クリスマスケーキなどで販売ノルマがあり、ノルマに達成しなかった商品をアルバイトが購入させられるといったトラブルが見受けられます。」

筆者「トラブルに陥った場合はどうすればよいのですか?」アルバイトについて教えていただいた学生課の皆さんと筆者

学生課「おかしいと思ったら、すぐに社会人に相談することが大切です。学生課への相談が一番ですが、保護者や社会人の先輩、悪質な場合は警察に相談するといった行動が必要です。」

筆者「学生が巻き込まれたトラブルで印象的なエピソードを教えてください。」

学生課「アルバイトを辞めさせてもらえないというトラブルが発生し、学生課に相談に来たことがありました。そのときは、専門家に依頼して解決を図りました。大学生は高校生までと違い自由です。しかし、自分の意思で行動することが必要です。相談する行動力も求められます。」

筆者「近年のこうした問題を踏まえ、学生課で取り組んでいることを教えてください。」

学生課「学生課で管理する求人票は厳しい審査基準があります。アルバイトの求人票を持ってきた企業の責任者とは一度話すようにしています。また、派遣のアルバイトは責任の所在が不透明であるため禁止しています。」

筆者「アルバイトを決める際に注意した方がよいことを教えてください。」アルバイト掲示板

学生課「求人に応募する前にアルバイト先に顧客として訪問してみて、社内の雰囲気を確認することと、時給が他のアルバイトより不自然に高いところは労働環境が劣悪な可能性が高いので要注意です。」

筆者「最後にアルバイトをしている、または、これから始めようとする人にメッセージをお願いします。」

学生課「大学生は学業が大切です。学業あってのアルバイトです。トラブルに巻き込まれたときは必ず学生課に相談してください。アルバイトを探すときは将来なりたい自分に近づけるアルバイトを始めることをお勧めします。」

 

皆さん、いかがだったでしょうか?私も4年間同じアルバイト先に勤めてさまざまなことを学びました。アルバイトは学校では学べないかけがえのない学びの場であると私も実感しています。皆さんも実りあるアルバイトをしてくださいね。学業が第一ですよ‼ お忘れなく!

今回、記事の執筆に当たって、取材にご協力いただいた学生課の皆さま、ありがとうございました。