ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > KU now > Zoom in Kurume > 授業編 > ゼミってなんだろう ― Zoom in Kurume(11)

ゼミってなんだろう ― Zoom in Kurume(11)


授業編レポーター 松藤くん


こんにちは。暑さが増してきました。
今回は私が1年次のゼミについて紹介します。

ゼミは学生が調べたことを発表したり、それについて議論したりする主体型の学修です。
久留米大学の文系学部では、1年次から演習(ゼミ)があります。

内容は各ゼミによってさまざまですが、これから専門的に研究していくに当たって必要なスキル(プレゼンテーション法、討論法)などを学んでいます。
1年間を通して、プレゼンテーションの仕方から議論のやり方、レポートの書き方、専門的な内容に入る前の基礎的な知識を学ぶことができます。
私も1年次のゼミ で、レポート(レジュメ)の作り方や発表の仕方、調査方法、他のゼミ生および教員との対話(議論)の仕方などがしっかりと身に付き、2年次のゼミでもスムーズに学ぶことができています。

レポートの画像
(このようなレポートを作って、みんなに発表します)

 

ゼミは自分で調べたことを発表したり、質問をしたり、自分の意見を言って議論を盛り上げたりと、大学らしい学修のやり方で、堅苦しくもなく毎回とても楽しいです。
大学は高校までのように、クラスがあるわけではないので、友達づくりに困ると思うかもしれません。
ゼミは少人数で、仲間と一緒に研究したり、食事をしたりする機会が多くあるので、ゼミ生同士の距離が近く、友達をつくりやすい環境だと思います。
大学に入学して、ゼミで最初に友達ができたという人も多いと思います。
私もゼミで多くの友達ができました。

教室の風景
(ゼミでは、議論をして学びを深めていくので、ゼミ室はこのような席の配置になっています)

 

また、先生との距離も近いので、大学生活や将来のこと(就職)について、気軽に尋ねることができます。
先生も親身になって接してくださいます。

1年次からのゼミで、基礎的な研究能力を身に付けると同時に、ゼミ生同士、そして教員から良い刺激をたくさんもらい、大学生活がより充実したものになると思います。