ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > KU now > Zoom in Kurume > 部活・サークル編 > 医学部サークル紹介(ボート部) ― Zoom in Kurume

医学部サークル紹介(ボート部) ― Zoom in Kurume

部活・サークル編 

 

前回までは御井キャンパスのサークルを紹介してきました。

今回は旭町キャンパスのサークルを紹介していきたいと思います。

今回紹介するのはボート部です。男女約50人が所属しており、久留米大学医学部内の部活では3番目に多いとのこと。

旭町キャンパスは筑後川のすぐそばに位置しており、晴天時は河川敷に舟を出して日没まで練習をしています。練習場所まで1時間かけて移動する大学もあるそうですが、久留米大学は練習環境に恵まれており、晴れた日は景色も良く、日が沈むのも見られるそうです。

湖でボートを漕ぐ部員
西日本医科学生体育大会 熊本県菊池市斑蛇口湖にて

 

これが実際に使っているボートです。

たくさんのボートを所有しています

全部で8艇あります。乗組員(クルー)は基本的に5人で構成されており、そのうち4人は漕手(ローヤー)として進行方向の後ろ向きに座り、1人は舵手(コックス)として進行方向に座ります。

漕ぐパワーだけでなく、左右のバランスや漕ぐタイミングも考えなければならず、普段から5人で息を合わせられるように練習しています。

前部長の鬼塚さんにお話しを伺いました。

インタビューを受ける鬼塚さん

「ボート部は入ってくる人がほとんど初心者なので、大学から新しい競技をやりたい人にとっては、スタートが一緒だから入りやすいと思います。先輩後輩もすごく仲良く、公式の飲み会やレク以外にもご飯を食べに行ったりします。あとは男女別ではなく、一緒に競技をやっているところも魅力です。」

大学から新しいことにチャレンジしたい方、筑後川や自然の景色を楽しみたい方はボート部に入ってみてはいかがでしょうか。

集合写真

 

次回は空手道部を紹介します。

 

今回の取材担当者

松藤年川堀
左から、松藤(商学部)、年川(文学部)、堀(商学部)