ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

細胞工学 研究の概要

 

研究概要細胞工学研究部門

研究説明画像1
 人間の体は約60兆の細胞から成り立っています。驚くべきことに、それらすべての細胞はたった一つの細胞(受精卵)に由来します。元は一つの細胞が2倍、4倍、8倍、、と分裂増殖し、体全体を構成するに至るのです。さらに驚くべきことに、すべての細胞が基本的にまったく同じ遺伝情報(染色体DNA)を持っています。細胞分裂に先立ち、染色体DNAのコピーが作られ、それが正確に娘細胞へと伝達されるからです。遺伝情報とは細胞の働きやふるまいをつかさどる必須情報ですから、もし遺伝情報が正しく伝達されないと、細胞の働きやふるまいが異常になります。 研究説明画像2


 細胞はむやみに分裂増殖しているわけではありません。細胞を取り囲む状況にあわせて増殖したり、あるいは分裂を停止したりしています。実際、人間の体を構成する細胞の多くは分裂していません(もちろん死んでいるわけではありません)。微生物の場合も同様で、周囲の栄養環境などに応じて分裂増殖の様子を巧みに調節しています。多細胞生物の場合、本来分裂すべきではない細胞が無秩序な増殖を再開してしまうと、それは癌となります。そのような細胞増殖を調節するしくみも、遺伝情報の中に含まれています。

  
 現在、私たちの研究室では、細胞分裂や染色体DNAの伝達に関わる仕組みに興味を持ち、研究を進めています。具体的には、

1.栄養環境(ブドウ糖濃度など)の変化に応じた細胞増殖の調節(各項目をクリックすると研究の詳細に移動します)

  1-a. 低濃度グルコース環境下での細胞増殖
  1-b. グルコース濃度低下に伴う細胞周期応答

2.染色体DNAを娘細胞へと正確に伝達するためのしくみ

   を、分子生物学的方法遺伝学的方法を使って調べています。
研究説明画像3
 研究モデル生物としては分裂酵母(Schizosaccharomyces pombe)を用います。人間と酵母では随分と違うように思えますが、実はどちらも同じ「真核生物」という分類に属する生物です。細胞増殖の調節や染色体伝達のしくみは、人間の細胞と酵母ではそれほど大きくは違いません。


細胞工学研究部門

高分子化学研究部門

遺伝情報研究部門