ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

細胞工学 主な業績

2016細胞工学研究部門

Masuda F, Ishii M, Mori A, Uehara L, Yanagida M, Takeda K, Saitoh S.
Glucose restriction induces transient G2 cell cycle arrest extending cellular chronological lifespan.
Sci. Rep. 2016 Jan 25;6:19629
doi: 10.1038

2015

Saitoh S, Mori A, Uehara L, Masuda F, Soejima S, Yanagida M.
Mechanisms of expression and translocation of major fission yeast glucose transporters regulated by CaMKK/phosphatases, nuclear shuttling, and TOR.
Mol. Biol. Cell 2015 Jan 15;26(2):373-86
PMID:25411338

Toyoda Y, Saitoh S.
Adaptive regulation of glucose transport, glycolysis and respiration for cell proliferation.
BioMol. Concepts 2015
Dec;6(5-6):423-30
PMID:26418646

2014

Saitoh S, Yanagida M.
Does a shift to limited glucose activate checkpoint control in fission yeast?
FEBS Lett. 2014 Aug 1;588(15):2373-8.
PMID:24815688
 

2014年4月よりラボ始動。各メンバーのこれまでの業績一覧は、下記のリンクから見ることができます。

齋藤成昭  久留米大学大学研究者紹介  発表論文

豊田雄介  久留米大学大学研究者紹介  発表論文

寺田祐子  久留米大学大学研究者紹介  発表論文

細胞工学研究部門


細胞工学研究部門

高分子化学研究部門

遺伝情報研究部門