ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医学部医学科 > 学科案内 > 学科概要 > 3つのポリシー(医学部医学科)

3つのポリシー(医学部医学科)

医学部医学科の3つのポリシー

アドミッションポリシー(学生受入の方針)

 「地域医療の良き担い手となるヒューマニズムに富む医師の育成にあたるとともに、高水準の医療及び最先端の研究を推進する人材を育成する」という目的・基本理念に対する知識と技術を習得できる学生を求めています。

 本学医学部の3大目標は次のとおりです。

  1. 医師としての生涯学習を始めるために必要な知識と技術を習得する。
  2. 医師としての生涯学習を続けるために必要な態度と習慣を身に付ける。
  3. 医師として、社会生活を行うために必要な人間性と良識を涵養する。

 この目標に沿って、本学科の入学者受入方針は、次の3点です。

  1. 医学部の学士課程の教育を受けるに足る基礎学力を有していること。
  2. 自律的学習能力と旺盛な知的好奇心を有すること。
  3. 心身ともに健康で協調性に富み、高い倫理観と豊かな人間性を有すること。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

 地域医療の良き担い手となるヒューマニズムに富む医師の育成にあたるとともに、高水準の医療及び最先端の研究を推進する人材を育成することを教育目的とし、3大目標に沿ったカリキュラムを編成しています。

  1. 社会の期待に応える医師として活躍する人材を養成するために、モデル・コア・カリキュラム精神を取り入れたカリキュラムを基軸に、基礎・臨床・社会医学の関連学問領域を含めて学習する。
  2. チーム医療の中で、医師としての知識・技能・立場、そしてすべての医療関係者との円滑なコミュニケーション能力を身に付けるために、基本から臨床参加型まで幅広い臨床実習の中で学習する。
  3. さまざまな医療問題を自身で解決する能力を高めるために、一般教養科目や語学科目などを通じて幅広い教養を身に付けるとともに、問題基盤型学習であるPBLテュートリアル教育により学習する。
  4. 医療を取り巻くさまざまな問題に目を向け、医学的探究心を高めるために、各種体験学習や実習、セミナー、医療科学など本学科独自のカリキュラムから学習する。
  5. 広く世界に通用する人材を養成するために、医学英語を学習する。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

  1. 医師国家試験に合格する医学知識と技術水準が備わっている。
  2. 医師として地域、組織の中で高い倫理観と責任感をもち、他人と協力して仕事や研究を続ける意欲がある。
  3. 医師として生涯学習を続けるために、幅広い教養を持った医療の担い手として、社会の変化に対応できる基本的能力と習慣を習得できている。
  4. 医師として豊かな人間性を持った社会性のある医療人としての基本的な能力と良識が涵養されている。
  5. 医師として必要な実践的英語能力と、医学の国際化に対応できる能力がある。

入試情報国際交流交通アクセス