ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医学部医学科 > 保護者会 > 会長挨拶 > 保護者会(医学部医学科)

保護者会(医学部医学科)

会長挨拶

  

 

久留米大学医学部は昭和3年に創立され、90年にも及ぶ歴史のある伝統校です。長年にわたり、医師を育成、教育し、医学、医療を通じて社会に貢献していきております。大学病院では数少ないドクターヘリを活用した高度救急医療など、地域医療への貢献は卒業生としても誇らしく思います。

その中で、昭和42年に医学部医学科保護者会が設立されました。本会の目的は主として「医学科の助言及び協力のもと、教育設備、備品の整備、学生及び教職員の福利厚生、医学取得及び生活を支援し、もって教育環境の発展に寄与すること」としております。

(詳しくは保護者会会則をご覧いただければと思います。)

保護者会は大学の先生方、医学科職員の方々と協力し、医学生の教育・生活環境がより良いものになることをめざしております。

具体的行事としては、年1回の保護者会総会及び懇親会(6月)を行い、本会役員が学内委員の先生方、医学科関係者と定期的会合を年3回行っております。また、新入学保護者の方々への入学時説明会(4月)、卒業祝賀会(3月)などを催します。

 最近の改革としては、年々、医療に対する知識、倫理観など医師に対する要求が高まっている中、医学生の当面の目標である医師国家試験も難度が上がり、そのための国試対策ツールも向上させ、外部委託による国試対策改善のための努力をしていただいております。

 医学生個人に対しては、栄養面や積極的な講義出席のため、一昨年前から学生食堂で100円朝食を、朝の講義前に提供しており、意外な好評を得ております。

また、学生主任や教務担当教授のご厚意により、生活、成績等の御心配のおありの方で個人面談をご希望される方は、年2回ご相談の機会を用意しております。(該当者の制約がある場合があります。)

一部の紹介ではありますが、以上のような事を保護者会役員会の中で、先生方のご助言を頂きながら協議し、皆様からの会費等の御援助を形にしております。

とはいえ、学生本人の医学に対する意識向上が最も大事であることは間違いなく、それを色々な形で援助をしていくことが保護者会の最も重要な役割ではないかと考えております。

ご子弟が立派な医師に成長していただくよう、皆様のご支援およびご協力をよろしくお願い申し上げます。

 E-mail:igakubu_syomu@kurume-u.ac.jp

 

  久留米大学医学部医学科保護者会

  会長 松本 敦


保護者会会則 (PDFファイル)(162KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


入試情報国際交流交通アクセス