ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > @Campus > Campus探訪 > おすすめスポットをご紹介!

本文

おすすめスポットをご紹介!

御井キャンパス(文系学部)

御井本館

御井本館外観

2016年に完成した御井本館のキーワードは”Flexible & Relaxing”。

学生と教職員とのコミュニケーションをより豊かにする空間としてラーニングコモンズ(総合的な自主学習のためのスペース)が設置されています。

自由でくつろげる空間がたくさんあるから、勉強も交流も楽しくなっちゃう!

御井本館内部の写真

バーチャル御井本館ツアー(別ウインドウで開きます)

 

食堂

御井キャンパスには食堂やベーカリーショップなど、食事ができるスペースが複数あります。
中でも学生に大人気なのは学生会館1階にある「クラリネット」。
ポテトやソフトクリームなどのファストフードがある他、焼きたてパンの「ボン・パルス」が併設されているから、小腹を満たすのにちょうどいい感じ。
全面ガラス張りの窓辺の席は解放感抜群♪
がっつり食事をしたい人には、御井学館1Fにある「学館食堂」とメディアセンターにある「Zip」が人気です。

zip食事をする学生たち

御井学館欅(けやき)

食堂でくつろぐ学生彩(さい)

クラリネットボンパルス

 

 

本学では、食生活が乱れがちな学生に望ましい食習慣を身に付け、生活のリズムを整えてほしいとの願いから、学生生活支援の一環として、100円朝食の提供を行っています。

100円朝食

 

1000号館のオープン利用室

1000号館の2階にあるオープン利用室。
自習専用のパソコンがずらっとあり、開館日であればいつでも自由に使うことができます。
「ここに来れば必ず知り合いに会える」というくらい、みんなが利用しているよ。

1000号館 オープン利用室時間が空いたらここで自習 パソコンのスキルもアップ!!

 

御井図書館

簿記会計分野で世界的な文化遺産である「ハーウッド文庫」を所蔵している御井図書館。
平成29年4月からは高校生にも開放!読書や勉強の場としておおいに活用していただけます。

図書館内写真平日は夜9時まで開館!土・日曜日も利用できるから便利だね

御井図書館ホームページ

 

並木道

東門からキャンパスへと続く並木道。
新芽が出る初夏から紅葉する秋まで、さまざまな表情が楽しめる。
並木道以外にも、キャンパス内には緑がいっぱいあるから、疲れた時は木陰でリフレッシュ。

並木道夏は木陰に入ると涼しくて気分もリフレッシュ 

 

学生支援窓口

御井本館1階には、会計係、学生課、教務課などのカウンターがあり、さまざまな手続きや相談などを行います。
 【会計係】 学納金に関すること
 【学生課】 証明書の発行、住所変更、奨学金、学生生活などに関すること
 【教務課】 履修、授業、試験、資格取得などに関すること
 【国際交流センター事務室】 海外留学、語学研修などに関すること
 【就職・キャリア支援課(御井本館2階)】 就職、インターンシップ、資格試験などに関すること

事務窓口

 

旭町キャンパス(医学部)

医学図書館

1967年に竣工された医学図書館。
医学に関する蔵書のマニアックさは随一?!
医学書以外に、文庫や雑誌もあるから休み時間に読書を楽しむのもGood。

医学図書館試験前になると図書館は学生でいっぱいに(笑)

医学図書館ホームページ

 

食堂・カフェ

医学部食堂はお昼になると学生たちで大賑わい!
メニューも豊富だから、日替わりでいろいろ楽しめちゃう。
もちろん、100円朝食も提供しています。
また、看護学科校舎内のLANA CAFE(ラナカフェ)や基礎3号館のIK cafe(アイケーカフェ)は勉強の合間に、ランチに、ホッと一息できる癒しの空間です。

医学部食堂

ラナカフェアイケーカフェ

 

ドトールコーヒー(大学病院内)

大学病院内にあるドトールコーヒー。
患者さんはもちろん、休み時間には職員や学生も美味しいコーヒーでほっと一息。
広くて開放的な店内は居心地の良さが抜群で、なんと「ドトール全店舗頂点の最優秀店舗賞」に輝いたことも!!

ドトールコーヒー気分転換したいときはコーヒーとスイーツでガールズトーク

 

クリニカルスキル・トレーニングセンター

久留米大学病院内にあるクリニカルスキル・トレーニングセンターは、聴診や内診、心肺蘇生法などの基本的な臨床技能を実習できる機材・設備を持つトレーニング施設です。
開腹手術や内視鏡の訓練などができる最新の機器が導入されていて、学生は必要に応じていつでも自由に使用できます。

スキルス・ラボ

クリニカルスキル・トレーニングセンターホームページ

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)