ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 久留米大のキラ星 > 在学生 > 留学で気持ちを伝えることの大切さを学びました

本文

留学で気持ちを伝えることの大切さを学びました

緒方さん顔写真
文学部国際文化学科 緒方 美優さん(福岡県・三池高等学校卒)

 

なぜ久留米大学を選びましたか 

もともと国際系や英語の学部に興味があって、久留米大学のカリキュラムにすごく魅力を感じました。4年間でしっかり英語を学べて、専門的な文学や文化などを学べることもポイントだったと思います。

入学後の大学の印象はどうでしたか

入学して、すごく人が多く、活気溢れる大学だなと思いました。私が入学した頃は、御井本館や芝生もありませんでしたが、在学中に環境が整っていく様子を見ることができて良かったです。今はとても勉強しやすい環境だと思います。

インタビュー中の様子

面白いと思う授業は

2年生の時の「翻訳英語」が印象に残っています。先生はただ教材を読むのではなく、英語圏で売られている四コマ漫画を授業で使われました。見ていても楽しいし、ネイティブの表現などを学ぶことができました。

学生生活はどうですか

留学をしたかったので、1年生の時は単位を取るのに必死でしたが、同時にサークル活動も充実していました。ダンスサークルに所属していて、あのく祭(大学祭)で披露したり、部活勧誘の際にフラッシュモブをしたりと、勉強以外も充実していました。

サークル活動の写真

留学先に韓国を選んだ理由は

英語ともう一つ言語を身に付けたいと思い、第二外国語で韓国語を学んでいました。韓国語をもっと学びたくて留学しました。留学先では他国から来た留学生と英語で話す機会もあり、英語圏でなくても英語も学べて良かったです。

留学中の思い出を教えてください

友達がたくさんできました。韓国人の学生と留学生をマッチングする「グローバルバディー」という制度があり、私は日本語が上手な学生とペアになりました。その子にパーティーに呼んでもらうなどして、友達が増えていきました。また、自宅にホームステイもさせてもらい、家庭料理を作ったりしました。

留学中に友達と留学中の写真

留学によって何か変わりましたか

度胸が付きました(笑)元々はみんなに合わせるタイプでした。日本には察する文化がありますが、海外では自分の意見をバンバン言っていかないと伝わらないと気づいて。不安もありましたが、何事にも積極的に挑戦しようという気持ちがどんどん強くなり、人前で堂々と意見が言えるようになったと思います。

将来の夢は

日本で国際関係の仕事に就職が決まりました。在学中に日本語教師の資格も取ったので、資格を生かして、ずっと海外の人と交流を続けられたらいいなと考えています。

留学生の集合写真

高校生の皆さんへ

皆さん受験で、学校選びなど不安なこともあると思いますが、自分のやりたいことを探して、自分に合う学部学科を選択して、大学では自分の好きなことを極めてほしいと思います。久留米大学は地域の方との交流も多く、学部もたくさんあるので、バラエティーに富んだ研究が出来ます。ぜひ、久留米大学でがんばってほしいと思います。

 

関連リンク

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)