ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

教員紹介

 

職位・氏名

教授  濵﨑 裕子

専門領域

地域福祉学

主な担当科目

「コミュニティ福祉論」「発達環境論」

メッセージ

地域社会の問題を解決するには?

現代では、社会的な孤立、高齢者虐待、児童虐待、ホームレスなど、家族や地域社会の互いに支え合う機能が低下していることによる問題が多く発生しています。
福祉の視点からこれらに対応し、身近な地域を基盤として行政・専門職と住民とが力を合わせて、そこに暮らす人々の生活問題を解決することを実現するための理論と専門的アプローチを学びます。

 

職位・氏名

教授  牧 正興

専門領域

臨床心理学

主な担当科目

「子ども学概論」「教育相談」「保育相談支援」

メッセージ

子どもの発達を理解し、正しく援助することとは?

子どもを正しく理解するためには、その周辺領域(例えば、発達心理学、教育学、小児医学、児童福祉学、等々)においても様々な研究がなされています。しかし、結論には至っているわけではありません。
子どもを学び理解することはそれなりの楽しみはあるのですが、決して容易なことではありません。子どもは未熟がゆえに多くの支援を必要とします。そこで必要となる本当の支援・援助とは何かについて、多角的に学んでいきます。

 

職位・氏名

教授  園田 貴章

専門領域

教育学,発達支援論

主な担当科目

「発達支援論」「発達検査法」「保育・教職の意義」

メッセージ

子どもの困りに気づき、よりそい、つなげられる保育者を目指して

知的な遅れのない自閉症スペクトラム、注意欠陥多動症などの発達障害(神経性発達症)の幼児が統計的に増えてきています。自分勝手で何かあるとパニックを起こしたり、他児を叩く、一時もじっとしてないなど、行動の背景にはその子なりの困りが隠れています。
本学科の学習や実習を通して、幼児の行動の背景にある困りに気づき、よりそって支援し、それを園の他の先生方と共有し、さらには小学校にしっかりと引き継げるような保育者となってください。私もそういう皆さんを全力で応援します。

 

職位・氏名

教授  青木 理子

専門領域

体育方法学(子どもの運動遊び・表現遊び)

主な担当科目

「幼児体育」「保育内容(健康)」

メッセージ

子どもにとってあそびとは何だろう?

あなたは子どもの頃、夢中になって遊んだことがありますか?
子ども達は遊びながら、いろいろなことを学びます。ひとりで移動できるようになり、姿勢を変化させ、はいはいから二足歩行へと運動を獲得しながら、子どもは成長していきます。子どもの発育・発達を学び、発達段階に応じた保育内容や指導法を考えて実践してみましょう。

 

職位・氏名

准教授  中山 由里

専門領域

器楽(ピアノ),音楽教育学

主な担当科目

「器楽」「保育内容(表現)」

メッセージ

子どもにとって「音楽表現活動」とは?

子どもたちの音楽表現活動において、保育者の音楽的表現力は子どもの音楽的活動を活性化させ、活動の質を高める上で大きな役割を果たすものです。
保育の領域の一つである「表現」のねらいに沿った音楽の捉え方や保育現場での取り上げ方について、演習を通して理解を深めていきます。また、幼児の発達段階に即した表現活動や、保育現場における音楽表現のあり方について考えてみましょう。

 

職位・氏名

准教授  小栗 正裕

専門領域

幼児教育学,教育社会学

主な担当科目

「保育原理」「家庭支援論」

メッセージ

「保育」と「育児」はどのように違う?

「保育」と聞いて、どのようなことを思い浮かべるでしょうか? 「育児」「託児」「教育」などという言葉もありますが、これらとは違った「保育」の意味について考えることは、保育士の役割や専門性について学ぶことにつながります。
保育とは何か、保育における指導とは何か、保育士の役割とは何か、保育の歴史や社会の現状などにもふれながら、また実例をまじえながら、解説していきます。

 

職位・氏名

准教授  小津 草太郎

専門領域

発達心理学(乳幼児期の心理発達)

主な担当科目

「保育と教育の心理」「乳幼児発達の基礎」

メッセージ

子どもたちの真の支えとなる「おとな」を目指して

保育の心理学では、乳幼児期の子どもの育ちとその意味、そして、それを支える大人(家族、保育者)の役割について学びます。
こころやからだの育ちを理解し、支援する方法を専門的に学び、個性ある子どもたちの “ほんとうの成長” を支えられる専門家を目指してみませんか。

 

職位・氏名

講師  秦 佳江

専門領域

社会福祉学

主な担当科目

「社会福祉援助技術演習」「保育実習指導」

メッセージ

安心や幸せを支える保育士になろう!

保育士は、子どもや保護者にとって身近な存在です。その分、子どもや保護者の困りごとに気づきやすい存在と言えます。こうした困りごとに気づいた時、保育士としてどのようなことができるでしょうか。
子どもや保護者が安心して、幸せを感じながら生活を送ることを支える、社会福祉の知識や技術、価値・倫理の基礎を一緒に学びましょう。「一緒に」学ぶことで、多様な価値観があることや相手に調子を合わせるといった関係形成の基礎を学ぶこともできますよ。

 

職位・氏名

助教  浦上 萌

専門領域

発達心理学(幼児期の認知発達)

主な担当科目

「教育実習指導」「保育インターンシップ」

メッセージ

保育への関わりを通じて自ら学ぼう!

教育実習は、みなさんが保育者として最初に子どもと関わる場です。子どもや現場の保育者の方々との関わりを通して、子どもの成長を間近で味わい、そして現場の保育者の方々がどんなふうに子どもを見守っておられるかを学んでほしいと思います。

 

 

 

 


入試情報国際交流交通アクセス