ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

看護学科長挨拶

あなたの人生設計に合わせた資格取得を

看護学科長 三橋睦子

本学科は久留米大学医学部の前身である九州医学専門学校の時代から看護師養成が行われ、平成6年、西日本の私立大学としては最初の4年生看護学科として設立されました。昨年設立20周年の成人式を迎え、県内でも屈指の歴史と伝統のある学校であり、西日本地区におきましては私立系看護大学のレジェンドと自負しています。

本学科の教育課程は、幅広い教養と専門的知識で構成され、倫理観、さらに研究能力を養うように作られています。4年間の学修により看護師免許、保健師免許の国家試験受験資格が得られますし、卒業後は病院への就職、助産師や大学院への進学等の道があります。近年、特定の分野において看護の専門家としての専門看護師、認定看護師への道も開かれ、自己の人生設計に合わせて資格取得ができます。

4年間の学びのなかで、同じ看護を学ぶものどうし、喜怒哀楽の情をわかちあう仲間をつくってください。出会いを大切に育てることで、感性を磨いてほしいと願います。また、様々な健康課題をもつ人々との出会いは、人としての成長につながります。優秀で情熱的な教授陣をはじめ最先端の医療が行われている大学病院および近隣施設の熟練された指導者、スタッフの皆さんとの出会いは、『看護』を学ぶ皆さんの人生に自信を与えるものと確信します。

看護学科長 三橋 睦子


入試情報国際交流交通アクセス