ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特別講義

本看護学科では、毎年さまざまな専門分野の講師を迎え、特別講義を開催しています。
なお、本年度開催した特別講義につきましては、トップページの新着情報からご覧頂けます。

平成28年度特別講義

テーマ 講師 日時
最期までその人らしさを支える在宅の看取り 小笠原 文雄
小笠原内科 理事長
平成28月5月20日
心理社会的支援とは
~東日本大震災の経験から学んだこと~
上山 眞知子
山形大学 地域教育文化学部 教授
平成28年6月10日
親子の絆の脳科学 篠原 一之
長崎大学医学部第2生理学講座 教授
平成28年6月28日
スマホ時代の看護学科生が知っておきたいこと 竹内 和雄
兵庫県立大学 環境人間学部 准教授
平成28年6月29日
終末期ケアにおける看護の専門的アプローチ
―最期まで自分で決定することを支えるためには―
樋口 千惠子
特定非営利活動法人 たんがく 理事長
平成28年7月15日
心不全患者の自己管理を支える看護
―遠隔モニタリングシステムを用いた疾病管理プログラムと広島県心臓いきいき推進事業(疾病管理・地域連携体制づくり)について―
宇野 真理子
慢性疾患看護専門看護師
平成28年11月2日

平成27年度特別講義

テーマ講師日時
病院および在宅における多職種連携角田 直枝
茨城県立中央病院 看護局長
平成27年4月24日
医療者と患者のコミュニケーション 量的方法riasを中心に野呂 幾久子
東京慈恵会医科大学 人間科学教室 日本語教育研究所 教授
平成27年6月5日
優しさを伝えるケア技術:ユマニチュード本田 美和子
独立行政法人国立病院機構 東京医療センター 総合内科医長
平成27年6月23日
希望のチカラ玄田 有史
東京大学 社会科学研究所 教授
平成27年7月10日
ピルを用いた女性アスリートのケアの経験をとおして
~女性のスポーツと無月経、貧血、骨粗鬆症~
松田 貴雄
独立行政法人国立病院機構 西別府病院 スポーツ医学センター センター長
平成27年7月17日
肝炎患者(B型)の現状と問題点ー当事者の声を聴くー谷口 三枝子
全国B型肝炎訴訟 九州原告団 元原告
清田 美喜  
全国B型肝炎訴訟 九州原告団 弁護士
平成27年10月16日
高齢者及び家族の抱える倫理的課題とその支援吉岡 佐知子
松江市立病院 地域医療課長
 
平成27年11月27日
薬害被害者の声を聴く「サリドマイド薬害について」増山 ゆかり
財団法人いしずえ(サリドマイド福祉センター)常務理事
平成27年12月11日

平成26年度特別講義

テーマ講師日時
インタープロフェッショナル教育と実践大塚 眞理子
公立大学法人 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 看護学科 教授
平成26年4月11日
認知症の人と介護家族のつながり岡野 雄一
漫画・エッセイ等ライター
平成26年5月21日
重い精神障がいのある方の地域生活を支える ~Q-Actの実践~倉知 延章
九州産業大学 国際文学部 臨床心理学科 教授
平成26年7月1日
医療・健康・福祉分野における工学が生み出すシナジーとその可能性
―看護情報学とヘルスケアシステムについて―
真嶋 由貴恵
大阪府立大学 現代システム科学域 
知識情報システム学類 第2学群電気情報系
平成26年7月4日
看護の原点を探る陣田 泰子
聖マリアンナ医科大学 総合教育センター 参与
平成26年7月15日
女性の健康とグローバリゼーション谷口 初美
九州大学 大学院 医学研究院 保健学部門 
教授
平成26年7月24日
健康障害をもつ患者家族をエンパワメントする看護の実際星川 理恵
高知大学医学部附属病院 看護管理室所属 
家族支援専門看護師
平成26年10月17日
「いのち」を守るということ冨岡 譲二
社会医療法人緑泉会 米盛病院 副院長
平成26年10月23日
高齢者の尊厳を支えるケア西山 みどり
有馬温泉病院 ケア開発室 室長
平成26年11月10日
地域リハビリテーションと多職種連携荒木 暁子
千葉県千葉リハビリテーションセンター 看護局長
平成27年1月16日

入試情報国際交流交通アクセス