ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


学生支援体制

本学科では、「真理と正義を探求し、人間愛と人間尊重を希求して、高い理想をもった人間性豊かな実践的 人材の育成を目指す」という久留米大学の基本理念に基づき、学生一人ひとりが充実した学生生活を送れる ように修学支援、生活支援、キャリア支援を組織的、総合的に推進しています。

学生支援の方針

修学支援

  1. 教育課程及び学修環境(実習環境も含む)の整備・改善を図る。
  2. 日本学生支援機構の奨学金、大学独自の奨学金、特待生制度等を学生・家族へ周知し、学修に専念 できる環境を整える。

生活支援

  1. 学生の相談・支援の体制(学年担任制・アドバイザー制の導入)や環境を整備する。
  2. 健康の自己管理を推進し、保健管理センター(旭町キャンパス保健室)、学生相談室の 活用及び相談体制により学生の心身の健康保持を図る。
  3. 学生の課外活動・ボランティア活動・国際交流活動など、人間性や社会性を培う機会の提供を支援し、 学生の自主性を高め、人間的成長の推進を図る。

キャリア支援(就職・進学支援)

  1. 看護師・保健師の資格を取得できるよう、効果的な学習支援を行い、国家試験合格率の向上を目指す。
  2. 学生が希望する進学や就職に向けた進路支援を行う。

学生支援体制解説図

学年担任制とアドバイザー制(設立当初から設置し学生を支援しています)

学年ごとに学年担任制度(担任・担任補佐各1名)を設け、修学上・学生生活上の問題に適切な助言と 指導を行います。また、学生の学生生活全般の直接的な相談役としてアドバイザー制度を設け、教授・准教授・講師が 各学年適当数の学生を担当し、相談に親切に対応します。学生の縦の繋がりを通して交流を深めています。 さらに男子学生及び看護系男性教員等で組織する「男の会」を設け、男子学生らしい活動が活かせるように生活しています。