ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

教育理念・目的

教育目的

久留米大学医学部看護学科は、豊かな人間性と倫理観を培い、看護の実践・教育・研究を推進し、人類普遍の生きる力に光を与え、広く社会的使命を果たせる人材を育成する。

教育目標

  1. 人間の個別性を尊重し、身体的・心理的・社会的に統合された存在として理解する能力を養う。
  2. 生命の尊厳に基づく倫理観を備え、人々の権利を尊重・擁護する態度を養う。
  3. 人々の健康問題を科学的根拠に基づき分析・判断し、実践に必要な知識・技術・態度の基礎を養う。
  4. 自ら看護の現象を探求し、看護学を発展させることのできる能力を養う。
  5. 保健医療福祉の向上のために、他領域の専門家と協働し、必要に応じて調整的な役割を果たす能力を養う。
  6. 社会情勢や医療の動向に対し、看護が担うべき役割をとらえ、将来、国際社会に貢献できる能力を養う。

入試情報国際交流交通アクセス