ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 入試情報 > 入試情報 > 入試概要 > スポーツ特別推薦入試-入試概要-

スポーツ特別推薦入試-入試概要-

出願資格

人間健康学部スポーツ医科学科

下記の項目を全て満たす者で、人間健康学部スポーツ医科学科を専願とする者

1.高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ)を平成30年3月卒業見込みの者

2.高等学校の全体の評定平均値が3.5程度以上の者。または、上位3教科の評定平均値がそれぞれ4.0以上の者

3.高等学校においてスポーツ競技の活動を継続的に行ってきた者、あるいはスポーツ競技のマネージャー活動・経験が豊富な者であり、将来において教員免許状(保健体育)、アスレティックトレーナー(JASA-AT)、トレーニング指導者(JATI・ATI)、中級障がい者スポーツ指導員などの資格取得を目指す者で、出身高等学校長が責任を持って推薦する者

※競技実績は問わない。

 

経済学部

スポーツの分野において優れた実績と意欲を持ち、出身高等学校長が責任を持って推薦する者で、下記の条件を全て満たす者

1.高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ)を平成30年3月卒業見込みの者で、経済学部を専願する者

2.高等学校の全体の評定平均値が3.2程度以上の者。または、上位3教科の評定平均値がそれぞれ4.0以上の者

3.入学後、本学の体育会クラブに所属し、競技活動を行う意志の強固な者

4.以下の基準のいずれか以上の実績を持つ者(新人戦は除く)

⑴全国高等学校総合体育大会、または、全国高等学校選手権大会の出場者

⑵国民体育大会出場者

⑶上記⑴、⑵に相当する大会出場者

⑷都道府県大会において個人または、団体ベスト8以上(ただし、人口が500万人以上の都道府県*にある高校の場合は個人または、団体ベスト16以上)の成績をあげたチームのエントリーメンバー *北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県

⑸その他これに準ずる者

⑹団体競技の選手で、本学体育会クラブの推薦を受けた者

【男子・女子共通】
軟式庭球、硬式庭球、剣道、弓道、空手道、少林寺拳法、バドミントン、陸上競技、水泳、ラクロス

【男子のみ】
硬式野球、準硬式野球、ラグビー、バスケットボール、アメリカンフットボール、サッカー、アイスホッケー、柔道、バレーボール、ボクシング
※アイスホッケー、アメリカンフットボール、ラクロスは他種目、準硬式野球は硬式野球からの出願を認める。ただし、上記(4)の条件を充足することが必要。

 

選考方法、時間

●選考方法...下記および提出書類による総合評価

(1)一次選考

出願期間[必着]9月11日(月)〜9月20日(水)
選考日10月7日(土)
小論文10時00分~11時00分
面接12時00分~
試験会場本学(御井キャンパス)
一次選考結果通知日10月18日(水)に通知

(2)二次選考(一次選考通過者のみ)

選考日11月18日(土)
面接10時00分~
試験会場本学(御井キャンパス)
合格発表日11月27日(月)