ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学内実習

学内実習 授業2

個性溢れる講師陣による指導の下、カリキュラムの50%を占める実習時間

臨床検査技師になるためには3年間で様々な医学専門知識や技術を身に付け、国家試験に合格しなくてはなりません。それだけに授業カリキュラムの密度は濃く、講師陣は1教科に3~4名というものもあり、その顔ぶれには久留米大学医学部の教授、准教授をはじめとした医学博士や工学博士、農学博士、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師などの多様な人材を擁しています。どの教科の実習も基礎から臨床までじっくりと学べるように編成し、全授業カリキュラムのうち実習時間は50%近くを占めており、検査技師としての実社会で即戦力となれるように実習に重きを置いています。
学内実習


臨床検査技師とは

本校の特色

就職について

求人依頼

よくある質問

同窓会