ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

後期博士課程について

後期博士課程

心理学研究科では、心理学の基礎的研究を中心とした学術研究の推進と共に、高度の心理学的な専門能力と実践力を有する人材の育成、および基礎的・先駆的な学術研究を推進できる心理学研究者の養成をめざしています。


本研究科には、前期博士課程と後期博士課程が設置されています。前期博士課程では心理学の基礎的知識を中心とした学術研究を推進すると共に、地域社会の要請に応じ、さまざまなライフステージにある人々の心のケアと人間関係の改善に応え、教育・福祉・医療・矯正などの分野で活躍できる高度な学識と専門技術を兼ね備えた有為の人材を養成します。


後期博士課程では、心理学の基礎的・先駆的な学術研究を推進できる優れた研究者の養成を基本的な役割とするとともに、博士の学位を取得して、将来心理学に関する特定の職業等に従事するに必要な高度の専門知識と研究能力の育成をめざしています。  後期博士課程では、前期博士課程において履修した心理学の諸分野での知識と技術を基礎にして、さらに高度の専門化を図り、心理学のさまざまな分野で活躍できる高度な学識と専門技術を兼ね備えた研究者の養成をめざしています。


後期博士課程における指導の中心は博士論文の作成にあります。そのため、後期博士課程に入学した学生は、各自の研究課題に応じて指導教員1名と副指導教員2名を決め、本課程に所属する教員が開講する授業科目を受講するとともに、第1年次から3年間、継続的に論文指導を受けなければなりません。在学中に学位論文を完成できるよう、いくつかのステップを設けています。  研究討議、研究発表などの指導に関しては、前期博士課程担当のスタッフも協力しています。

後期博士課程の学生は、何らかの関連学会に所属し、毎年学会発表を行ない、関連する専門雑誌に論文を発表することが期待されます

 

学位授与

本研究科(後期博士課程)を修了し、学位論文審査および最終試験に合格した者には、「博士(心理学)」の学位を授与します。


国際交流交通アクセス