ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 心理学研究科 > 研究科案内 > Q&A > Q&A(進路について)

Q&A(進路について)

 

心理学研究科に関する、良くある質問についてまとめています。
気になる項目をクリックしてください。

進路について

(1) 臨床心理士資格試験の合格率は?

(2) 臨床心理学専攻の修了後の進路は?

(3) 人間行動心理学専攻の修了後の進路は?

(1) 臨床心理士資格試験の合格率は?

合格率は全国平均が大体6割ですが、久留米大学出身者は6割~7割の間で推移しています。不合格の方も、次年度にチャレンジしてほぼ合格しています。詳しい数字は以下をご覧ください。
  → 合格率(臨床心理士資格試験結果)

→ページトップに戻る

(2) 臨床心理学専攻の修了後の進路は?

臨床心理学専攻の終了後は、次のような進路が考えられます。

  • 教育関係: スクールカウンセラー・公務員(学校教員)など
  • 医療関係: 総合病院精神科・精神病院・精神科クリニック・心療内科クリニックなど
  • 福祉関係: 障害者福祉施設・社会福祉施設・療育施設など
  • 行政関係: 警察官・市職員・児童相談所・児童養護施設など
  • 一般企業: 一般企業(データ解析)・個別指導塾など

→ページトップに戻る

(3) 人間行動心理学専攻の修了後の進路は?  

人間行動心理学専攻の方はいくつかのタイプに分けられます。
まず第1に、教員や看護・作業療法士などで教育・研究職についておられる方、第2に研究者を目指す方、もうひとつは修士号をとったうえで公務員その他の職業に就かれる方です。
第1の方々は、修了後は職場に戻り、キャリアアップを果たしておられます。
第2の方々は、後期博士課程に進学しています。進学先は研究内容によっては久留米大学以外のケースもあります。
第3の方々は、公務員やその他の職に就いています。
修了まで2年間しかないので,いずれの場合も修了後の進路を考えた上で入学されることをお勧めします。

→ページトップに戻る


国際交流交通アクセス