ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学内組織 > 国際交流センター事務室 > 外国人に日本語を教える~国際交流のひとつのかたち~

外国人に日本語を教える~国際交流のひとつのかたち~


  • 国際交流における基本理念と指針
  • 学部の日本語教育学副専攻課程について
  • 久留米大学 国際交流センターの歴史
  • 久留米大学 国際交流センターの歴史

本学の日本語教育学(教員養成)について

本学では、「国際交流に関する基本方針」として「日本語教育学ならびに日本語教員養成の充実強化」を掲げています。
従来の国際交流の概念においては、海外留学による外国人との交流、留学生受入れによる日本人との交流に主な焦点が当てられていますが、この他にも外国人に日本語を教える教員の養成が考えられます(帰国した留学生が母国で日本語を教える場合も含まれます)。
近年、日本語教員に対する需要は高まっており、認知度も増しているなか、国内はもとより海外で日本語を教える教員を養成することで、在学中は日本語・日本文化を客観的に見る目が養われますし、卒業後は日本語・日本文化について発信していくだけでなく、相互の交流を通して必然的に国際的視野を培うことになるでしょう。
本学では、別科の日本語教育、学部の留学生教育、学部の日本語教育学副専攻課程、大学院の日本語教育学コースが連動し、有機的に運用されています。例を挙げると、ビジターセッションとして、副専攻課程の受講生が学部のクラスにおいて様々な話題について留学生と討論したり、別科の留学生を相手に教育実習を行ったりしています。また、このような体験が日本人学生はもちろんのこと、別科や学部の留学生も大学院で日本語教育学を修めようという動機にもなっています。更には、そういった大学院生が別科や学部の留学生を生活面や学業面においても助言等の支援をしているのです。このように日本語教育学あるいは日本語教員養成において、体系的なプログラムを有しているのは九州地区でも稀なケースであり、特筆に値します。
最後に、一人でも多くの本学学生が在学時から積極的に国際交流を推進し、卒業後、国際舞台で活躍してくれることを切に願います。

学部の日本語教育学副専攻課程について

大学院の日本語教育学について

本学の大学院で日本語教育学を専攻しようと考えている方は、比較文化研究科前期博士課程専修文化コースの「言語教育学(日本語)コース」を選択することになります。 本コースでは日本語音声、日本語構造、教育方法論、研究方法論、言語テスト、言語習得等を通して、理論と実践を身につけた日本語教育の指導者、研究者の育成を行っています。具体的には修士論文(4単位)の他に、以下のコースワーク(28単位以上)を修得することが求められます。これは大学院前期博士課程「言語教育学(日本語)コース」の修了要件であり、学部の日本語教育学副専攻課程とは関係ありません。

  • 日本語音声学特講(必修)
  • 日本語構造論特講(必修)
  • 日本語教育方法論特講(必修)
  • 研究方法論特講(必修)
  • 言語テスト特講(必修)
  • 定量的研究方法論特講(選択)
  • 第二言語習得特講(選択)
  • 言語教授法特講(選択)
  • 日本語教授法実習(選択)
  • 社会言語学特講(選択)

入試については、年2回(秋期9月・春期2月)実施され、言語(日本語)教育や言語学習、言語習得に関する基本的な知識が問われます。詳しくは大学院のサイトをご覧ください。
  

在学生の声

教室の雰囲気はとてもアットホームで意見や質問の言いやすい環境だと思います。授業では、日本語の使い方について学んだことのない私達がどうしたら上手く教えることが出来るかを、お互いに協力しながら問題を解決していきます。

(日本語教授法:河野ちひろ)


私は3年次から日本語教育課程を受講しています。クラス雰囲気がとてもよく、先生、一緒に受講している仲間と、意見・情報交換が出来ています。多くの外国人に日本語の楽しさを伝えられるような日本語教師を目指し、日々努力しています。

(日本語教授法:副島美咲)


日本語教授法では先生と学生との距離が近く、和気あいあいとした雰囲気で授業が行われています。模擬授業では準備段階から協力し合い、模擬授業の後は全員が生徒として良かった点・改善点について意見を出し合っています。

(日本語教授法:山下由貴)


私は今、教職とともに日本語教育課程を履修しているのですが、日本語教育は私が想像していたものとはかけ離れていて驚くことばかりでした。しかし、とても奥深い面白い世界だと気付きました。また、日本語教育課程で開講されている日本語教授法という授業を履修しているのですが、先生もクラスの人達もみんな和気あいあいとした雰囲気なので、授業中も躊躇することなくしっかり自分の意見を言い合えて、とても良い環境で学べています。とても充実しています。

(日本語教授法:土屋安紀)


私は日本語教育課程の実習生として先生方の熱心なご指導の下、日々、教材研究や教案作りに励んでいます。日本語を一つの言語として捉え、学習者に教えることは難しくもありながら、その面白さや奥深さが魅力です。

(日本語教育実習:元永絵里子)


外国語の習得、テストの作成方法、教授法など理論を勉強します。外国語学習の実例を実際に分析し、その理論を応用します。教案の準備、実際の授業、テストの作成など実践します。学生、研究者、教師として成長できます。

(大学院日本語教育学:王林利)


久留米大学 教務課
〒839-502 福岡県久留米市御井町1635
http://www.mii.kurume-u.ac.jp/kyoumu
mii-kyomu@kurume-u.ac.jp (問合せ先)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)