ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学紹介 > 本学での取り組み > 防火・防災・感染対策について

本文

防火・防災・感染対策について


このページでは、久留米大学防火・防災等管理規程に基づく、火災、震災、風水害等の予防及び人命の安全並びに災害による被害の軽減を図ること(以下、「防火・防災」という)、また新型インフルエンザ等対策特別措置法等(以下「感染対策」という)にかかる対応や管理体制、また、それらが発生した際に役立つ関連リンクを掲載しています。

防火・防災・感染対策の行動指針

 一.人命の保護を最優先する。

 一.資産を保護し、業務の早期復旧を図る。

 一.部門間の連携を密にし、他部門の協力にあたる。


管理体制等

 管理組織 過去の対策一覧

関連リンク

 火災 震災 水害 

 感染症 その他

災害時の対応

 連絡方法 避難場所 AED

管理体制

防火・防災

1.防火・防災の管理区域

1)管理権原者:理事長

(1)旭町キャンパス区域、(2)御井キャンパス区域、(3)国分町医療センター区域、(4)野中町附設高等学校・中学校区域、(5)その他の管理区域

管理体制

2)管理体制

各管理区域における、災害発生時又は災害発生のおそれがある場合、その時の状況かつ必要に応じ、段階的な管理体制をおく。

(1)情報収集体制、(2)警戒準備体制、(3)災害警戒体制、(4)災害対策体制

体制

感染対策について

1.責任者

・学長(大学・大学院・臨床検査専門学校)、附設校長(高等学校・中学校)

・理事長(教職員他)

2.情報収集・周知等の管理等

・保健管理センターを中心とした部門長、所属長等

管理体制

 

本学における過去の災害等対策一覧

 

火災・災害・感染対策関連リンク

火災 火災時

 

震災時 震災時

自然災害への対応一覧 2016/04~
https://www.kurume-u.ac.jp/soshiki/3/shien.html

 


 洪水 風水害(豪雨災害)

自然災害への対応一覧 2016/04~
https://www.kurume-u.ac.jp/soshiki/3/shien.html


【久留米市】

旭町キャンパス:

御井キャンパス:

久留米市全体:

【風水害対策支援】

福岡県、久留米市が実施する下弓削川・江川総合内水対策計画に本学のグラウンドを貯留施設とし、地域の浸水被害対策に貢献

その他

 

感染 感染症対策関係

新型コロナウイルスに関する本学の対応 2020/02~
https://www.kurume-u.ac.jp/site/info-student/

 

連絡先 災害時の連絡方法

災害用伝言ダイヤル

地震などの災害が発生し、被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に災害用伝言ダイヤルの提供が開始されます。

『171』にダイヤルしてください。あとは、音声ガイダンスに従って伝言の録音・再生ができます。連絡を取りたい被災地の方の伝言を再生する際は、電話番号を必ず市外局番からダイヤルして利用してください。

災害用伝言板(携帯電話事業者提供)

携帯電話事業者各社では、大規模な災害時に携帯電話やスマートフォンで安否確認ができる「災害用伝言板」を提供しています。詳細は、事業者のホームページを確認してください。

大学等への連絡について

学生、生徒の皆さんは、大規模な災害が発生した場合、連絡可能な状況になり次第、以下の事務室に安否確認の連絡をしてください。

所属連絡先メールアドレス

連絡先一覧

医学部医学科医学部教務課 0942-31-7528 igaku-kyomuアットマークkurume-u.ac.jp
医学部看護学科医学部看護学科事務室 0942-31-7714kangojimuアットマークkurume-u.ac.jp
文系学部学生課 0942-44-2712gakuseikaアットマークkurume-u.ac.jp
臨床検査専門学校臨床検査専門学校事務室 0942-31-7592rinkenアットマークkurume-u.ac.jp
附設中学校・高等学校附設中学校・高等学校事務室 0942-44-2222 

 

避難場所 大学近辺の避難場所

各自治体が指定している避難所がありますので、皆さんの住んでいる場所から一番近い避難所がどこにあるのかを、事前に確認しておきましょう。

久留米市の避難所に関する情報

https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2020bousaianzen/3010bousai/hinanbasho.html

久留米大学における避難場所(地震時)

久留米大学で地震が発生した場合の避難場所はグラウンドです。グラウンドまでの距離がある場合は、屋外の広い場所に一次避難の後、グラウンドに避難してください。

 

AED AED(自動体外式除細動器)の設置場所について

各キャンパスには、AEDが設置されています。

AED(Automated External Defibrillator/自動体外式除細動器)は、心室細動(心臓が細かく震え、正常に血液を全身に送ることができない状態)による心停止状態に陥った時に、心臓に電気ショックを与えて正常に戻すための機器です。

操作方法が音声ガイダンスにより指示され、電気ショックが必要かどうかをAEDが判断し、順を追って使うことができるように設計されています。救急車が到着する前に、傷病者の近くに居合わせた人がAEDを使用することも考えられますので、日頃から、学内のどこにAEDが設置されているのかを確認し、緊急時に備えましょう。

※学内でも、AED講習会が実施されています。関心のある方は是非参加してください。

旭町キャンパス(医学部・大学病院)

  • 大学病院:総合診療棟1階~3階
  • 医学部:基礎1号館、基礎2号館、基礎3号館(それぞれ1階入口付近)
  • 医学部:臨床研究棟1階(入口付近)
  • 医学部 医学科:教育1号館2階玄関(入口付近)
  • 医学部 看護学科:看護学科A棟1階エントランスホール
  • 医学部附属臨床検査専門学校:教育2号館1階(入口付近)

御井キャンパス(文系学部)

  • 御井本館、500号館、600号館、800号館、1000号館、学生会館、みいアリーナ、男子学生寮(それぞれ1階入口付近)

   設置場所(御井キャンパスアクセシビリティMapへ)

附設中学校・高等学校

  • 事務室玄関付近、職員室、体育教員室、高校寮

医療センター

  • 1階受付ホール付近、リハビリテーションセンター

 

その他 その他災害対策関連リンク

防災共通

防災メール

関連ツイッター等

要援護者対策

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • 久留米大学へのご支援をお考えの皆さまへ
  • 公開講座