ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学紹介 > 筑後優品 > 和紙-溝田和紙-

本文

和紙-溝田和紙-


筑後優品

溝田和紙(みぞたわし)

福岡県八女市。溝田俊和氏による、九州地方におけるもっとも古い歴史と伝統のある「八女手漉和紙」の工房。

溝田さん

八女手漉和紙は、特有の長繊維である楮を主原料に、伝統技法をもって生産されています。
強靭かつ優美であり、他産地の追従を許さない特長を有するこの和紙は、各種広い分野に愛用され、1972年に福岡県無形文化財に、1978年には特産工芸品に指定されました。 

商品のご案内

八女津薄紙「俊芸紙」

八女津薄紙「俊芸紙」 64×97cm

 

八女津紙

八女津紙 64×97cm

 

クララ入り賞状用紙

賞状用紙 約A3サイズ  

※販売単位について
基本の販売単位は、100枚となっております。少数をご希望の方は、下記の問い合わせ先までご相談ください。

 

商品に関するお問い合わせ

溝田和紙(みぞたわし)
 〒834-0033 福岡県八女市柳瀬708-2
  Tel/Fax 0943-22-6087
    E-mail/mizotawashi@gmail.com
  http://ww7.tiki.ne.jp/~aloha/
  

 

※久留米大学および筑後優品のウェブサイトでは商品の販売をしておりません。購入ご希望の方は、製作者に直接お問い合わせください。


 


  • 久留米大学へのご支援をお考えの皆さまへ
  • 公開講座