ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学内組織 > 医学研究科 > 学位申請に関するQ&A

学位申請に関するQ&A


 

 

学位申請に関してよく寄せられる質問を学位申請のQ&A集 (PDFファイル)(151KB)にまとめました。


受付時期、必要な要件・研究歴、手続き方法、乙号外国語試験、記入方法の具体的な質問等について解答、解説していますのでご参照下さい。

 

■特に頻繁にお問合せのある質問:

【学位申請全般について】
Q: 学位申請の受付期間はいつですか?どのような流れで審査が進むのでしょうか?無事学位授与されるためにはどの程度の期間を要しますか?

A: 博士課程の学位申請受付は、年間を通して行っております。但し、課程博士(甲号)の学位審査と論文博士(乙号)の学位審査は申請要件が異なり、申請に必要な要件を満たしているかを確認する必要がありますので、申請マニュアル(HPよりダウンロード可能)を熟読してください。
無事申請書類一式提出後、受理、審査、学位記授与まで最短3ヶ月かかります。指導教授や主査の出席が必須となっている会議が数回あり、申請者以外の関係者のご都合も事前に確認が必要となります。詳細な流れやスケジュールについては、申請マニュアルをご参照ください。

【学位論文について】
Q: 学位申請のために論文を書いていますが、「学位にふさわしい論文」の基準について教えてください

A:学位申請のためには、査読制度のある学術雑誌に掲載された(または掲載予定の)論文一編を完成させる必要があります。この論文は単著・共著どちらでも可能ですが、共著の場合は申請者が筆頭著者であり、欧文学術雑誌への掲載が条件となります。基本的に、原著論文(Original Article)で学位申請可能となっており、症例報告(Case Report)は不可となっています。共著者がいらっしゃる場合、申請者の筆頭著書論文を他の方が学位申請論文として提出しない確約を明記した「同意書・承諾書」(規程の書式あり)の提出が必要です。

【論文博士(乙号)について】
Q: 医師(医学部医学科卒業生)以外の者が大学院入学以外の方法で医学博士を取得することは可能でしょうか?久留米大学に勤務していますが、論文博士(乙号)で博士号を取得する方法を教えてください。

A: 医学部卒ではなくとも、「医学の修業年限に不足する年数」を研究歴として加算する形で申請の要件を満たすことは可能です。医師に限らずとも、本学所属の技師、薬剤師、看護師、研究職、事務職員等で、指導教授の元で研究を行い、必要な研究歴を満たしていると認められれば学位申請が可能です。必要な研究歴(年数)については、専門学校卒、学部卒(医学・薬学・獣医学)、学部卒(医学・薬学・獣医学以外)、大学院卒によって異なりますので、医学部庶務課学位担当へお問合せください。実際にご申請いただく場合は、別途理由書や推薦状等を指導教授より作成いただき、所定の委員会にて審議されます。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)