ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 創立90周年記念特設サイト > メニュー > 2017年度 > 基礎3号館、病院北館(総合複合棟・放射線腫瘍センター)の落成式を挙行

基礎3号館、病院北館(総合複合棟・放射線腫瘍センター)の落成式を挙行

2016年11月に着工した基礎3号館と病院北館(総合複合棟・放射線腫瘍センター)の工事が完了し、2018年3月7日(水)に落成式を執り行いました。

基礎3号館は6階建てで、1階には学生や研究者がリラックスしながらディスカッションできるラウンジや150名ほどが収容できるセミナー室、書画カメラや大型プロジェクターシステムなどを導入したコンピュータ実習室などがあります。

2・3階には、分子生命科学研究所循環器病研究所が移設され、バイオベンチャー企業や学内の他施設の研究者が利用できる研究スペースも確保しています。

4・5・6階は動物実験センターが新装され、学内の研究者はもとより、外部の創薬関係やベンチャー企業の方も利用できるよう整備しています。

5階建ての病院北館(総合複合棟・放射線腫瘍センター)は、1階に放射線腫瘍センター、2階に臨床研修センター、3・4・5階に医局やスタッフ室などを配置します。

両館とも、現在は機器の搬入等が進められており、4月から順次運用を開始していく予定です。
(放射線腫瘍センターは10月から運用開始予定)

 

落成式の様子

永田理事長・学長理事長・学長挨拶