ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


九州医学専門学校校歌

1928年に創設された本学の前身「九州医学専門学校」の校歌は、詩人「北原白秋」による作詞で作られました。

再生


※音源は、昭和33年の創立30周年を機に制作されたレコード盤を、久留米大学医学部同窓会が「創立70周年記念校歌集」のCDで復刻したものです。

指揮:本間四郎、ピアノ伴奏:荻島秀男(医学部第5、昭和35年卒)
独唱:平島国雄、合唱:久留米大学医学部メンネルコール部

 

九州医学専門学校校歌

(作詞:北原白秋/作曲:小松耕輔/編曲:本間四郎)

 

一、

近代の医学興(おこ)れり、

我等承(う)けたり。

采(と)るべし、若き陽(ひ)、来れ、朝なり、

未来の青空、ここに騰(あが)れり。

思へよ、この道、

ただに愛なり、

輝く雲なり、旗なり、風なり、

國手(こくしゅ)の理想は常に仁(じん)なり。

九州の我が空、医専(いせん)、我が校。

   九州医専(きゅうしゅういせん)、九州医専、

  九州医専、フレー。

 

二、

近代の医学興(おこ)れり、

我等承(う)けたり。

窮(きわ)めよ、学理を、集(つど)へ、今なり、

東の翠巒(すいらん)、高く明(あか)れり。

思へよ、この道、

ただに眞(しん)なり、

輝く土なり、木々なり、草なり、

叡智(えいち)の瞳は常に聖なり。

高良の我が山、医専(いせん)、我が校。

  九州医専(きゅうしゅういせん)、九州医専、

  九州医専、フレー。

 

三、

近代の医学興(おこ)れり、

我等承(う)けたり。

潜(ひそ)めよ、心を、洗へ、世の塵(ちり)、

千歳(ちとせ)の大河もやまず響(ひび)けり。

思へよ、この道、

ただに一(いつ)なり。

輝く水なり、鰭(ひれ)なり、翼(はね)なり、

治法(ちほう)の觸手(しょくしゅ)は常に敏(びん)なり。

筑紫(つくし)の我が河(かわ)、医専(いせん)、我が校。

  九州医専(きゅうしゅういせん)、九州医専、

  九州医専、フレー。

 

四、

近代の医学興(おこ)れり、

我等承(う)けたり。

見守れ、現身(うつしみ)、救え、人なり、

幽(かそ)けき命も共に為(な)すあり。

思へよ、この道、

ただに愛なり。

輝く息なり、聲(こえ)なり、精なり、

國手(こくしゅ)の矜持(ほこり)は常に仁なり。

九州の我が空、医専(いせん)、我が校。

  九州医専(きゅうしゅういせん)、九州医専、

  九州医専、フレー。