ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


社会福祉学科 教員紹介

教員からのメッセージ

いま、文学部がおもしろい!

ソーシャルワーカーへの誘い


 少子高齢化,経済状況の変動等は私たちの「暮らし」に大きな影響を与えています。このような状況のなかで,様々な生活上の困難,生きづらさを抱えている人々も少なくありません。このような人々が社会から孤立したり,排除されたりすることなく,社会とつながっていけるように,人と人,人と社会をつなぐソーシャルワーカーの役割が期待されています。

今日,ソーシャルワーカーの活躍の分野,内容は多岐にわたります。社会福祉の分野に限らず,医療や教育,司法,民間企業等の分野でもソーシャルワークの実践が求められています。ソーシャルワークの対象は,私たちが生活していくうえでの様々な問題や困難な状況です。たとえば,子どもの虐待,いじめ,不登校等の問題,非行や犯罪に走った少年の社会復帰,生活困窮者の自立支援,障害がある人々の社会参加,介護が必要な高齢者と家族の生活の支援,「孤独死」や「孤立死」,自殺の問題等,これらすべてにソーシャルワーカーがかかわっています。

どの問題を取り上げても、決して他人事ではありません。
このような問題を抱えた人や社会と向き合い、その人の人権を尊重して相談支援に当たるのが、ソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保健福祉士)と呼ばれる専門職です。

このような実践的な活動に、あなたもぜひ加わってほしいのです。

教授辻丸 秀策
専門精神医学
新聞記事にみる「心の病」とは?
最近の読売新聞のトップ記事に『「心の病」労災認定最多』という見出しがあった。
それによると、2007年度に職場でのストレスなどが原因で労災認定を受けた人が過去最多となった。また、職場でうつ病になり自殺した人も4年前の2倍になったという。大変な時代であると実感する。
ところで、「ストレス」や「うつ病」とは一体どんなものなのだろうか。知っているようで知らない新聞記事にみる「心の病」について分かりやすくお話します。
教授門田 光司
専門児童福祉論、知的障害者教育概論
スクールソーシャルワーカーのしごと
今日、学校現場ではいじめ、不登校、非行、児童虐待、発達障害、貧困等、子どもたちの抱える課題が多様化しています。そのため、子どもたちへの支援では学校・家庭・関係機関が協力して取り組んでいくことが求められています。そして、その協力体制を築く役割として、近年では社会福祉士及び精神保健福祉士を保有した福祉専門職がスクールソーシャルワーカーとして学校現場で活躍しています。
教授福山 裕夫
専門精神保健福祉論
メンタルヘルスのお仕事~精神保健福祉士、心理士について~
メンタルヘルス(心の健康)に関する仕事について、主に精神保健福祉士、心理士のお仕事を紹介します。
病院(精神科、心療内科)における仕事の実際とそれに必要な知識の体系、そのほかの学校、福祉施設、矯正施設、企業の保健室におけるソーシャルワーカー、カウンセラーの役割についてビデオを使って紹介します。この分野への大まかなガイダンスです。
教授上原 紀美子
専門

社会保障論、公的扶助論

「社会保障」とは何か?
社会保障は「国民の生活の安定が損なわれた場合に、国民にすこやかで安心できる生活を保障することを目的として、公的責任で生活を支える給付」とされます。しかし、「国民にすこやかで安心できる生活を保障するための給付」とは具体的に何を指すのでしょうか?皆さんと一緒に身近な例を用いながら解説していきます。
教授片岡 靖子
専門医療福祉論
「福祉のお仕事」とは?
福祉関連の仕事は、医療機関、福祉施設、行政、民間企業とさまざまな領域で活躍する場があります。
そこで、各領域の福祉関連の仕事内容について易しく説明するとともに、必要な資格、大学での学びについてなど、大学で教授されている演習を通して理解を深めていきます。
准教授坂本 明子
専門障害者福祉論
障害を持つ人とともに
たとえ障害や病気を抱えていても、ともに地域で暮らしていく社会を作るためにはどうしたらいいのでしょう。また一人ひとりが人として大切にされ、自分らしく生きていくためにどんなお手伝いができるのでしょうか。講義では社会福祉の専門職としてできること、その方法や知識を学びます。
准教授山村 靖彦
専門地域福祉論
「生きる」を支えるコミュニティ・ソーシャルワーカー
社会の仕組みが複雑化し、人と人とのつながりが希薄化した今日において、私たちは様々な局面で生きづらさや住みづらさを感じるようになっています。このようななか、各地でコミュニティ・ソーシャルワーカーが中心となり、住民同士が支え合って生きていく地域(ケアリング・コミュニティ)づくりが進められています。講義では、地域の課題解決に取り組み、人々の「生きる」を支えるコミュ
ニティ・ソーシャルワーカーについて学びます。
講師島﨑 剛
専門社会福祉概論、高齢者福祉論
人生100年時代の「充実した暮らし」を支える方法とは?
日本は、世界で最も人口の高齢化が進んだ「高齢化最先進国」です。高齢者は、長らく介護等の「支援を受ける」立場とされてきました。一方で、現在は豊かな長寿社会を支える「担い手」としての活躍を期待されています。高齢期の豊かな暮らしと社会を創造するために、ソーシャルワーカーには何ができるでしょうか?その専門的知識・方法について具体的に学びます。
助教永松美奈子
専門相談援助実習
充実した実習のために
社会福祉士、精神保健福祉士の受験資格および保育士資格の取得に向けた公的機関や施設での現場実習が円滑に行えるよう調整し、実習前・実習中・実習後の学習の助言にあたる。