ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2015年度 > 中学生が分子生命科学研究所で職業体験学習

中学生が分子生命科学研究所で職業体験学習

 

 2015年9月9日、10日の2日間、久留米市立諏訪中学校2年生10名が本学分子生命科学研究所で「職業体験学習」を行いました。


 「職業体験学習」とは、将来の進路の選択や決定につながる中学生の時期に職場を体験することで、働くことの意義、目的を理解し、労働の意欲や態度を育むことを支援する諏訪中学校の取り組みで、当研究所での受け入れは今年で3回目となります。


 10名は3つのグループに分かれ、それぞれ細胞工学、高分子化学、遺伝情報の研究部門に”配属”されました。
 白衣に身を包んだ一行は、研究者の指導を受けながら、染色したDNAを顕微鏡で観察したり、実験の結果をレポートにまとめたりしました。


 2日間という短い期間でしたが、『研究者』という職業を体験することで、成果が出た時の達成感や研究という仕事の難しさを味わうことができたようです。


 分子生命科学研究所では、今後もさまざまな研究成果を発信するとともに、未来の研究者の養成を支援していきます。

   【問い合わせ先】 久留米大学 分子生命科学研究所 事務室 Tel:0942-37-6311

 

体験学習の様子1 体験学習の様子2

体験学習の様子3