ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2017年度 > 学生作家の界達かたるさんが九州芸術祭文学賞を受賞

学生作家の界達かたるさんが九州芸術祭文学賞を受賞

界達かたるさん文学部情報社会学科3年の界達かたる(ペンネーム)さんが書いた小説「車中泊」が、第48回九州芸術祭文学賞の熊本県地区優秀作を受賞しました。

作品「車中泊」は、2016年の熊本地震で避難した際、車中泊で夜を明かした時の経験をもとに書かれた純文学作品です。

界達さんは中学生の頃から独学で小説を書き始め、電子書籍の作品をいくつか創作していましたが、1月29日には初の紙書籍として「Jに羽根はいらない」を出版し、重版も決まっています。

今回の受賞により、今後のさらなる活躍が期待されます。

 

【関連記事:学生作家の界達かたるさん、紙書籍の作品初出版】

http://www.kurume-u.ac.jp/site/backno/20180126.html