ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2018年度 > 人間健康学部の滿園教授が福岡で「体づくり」講座

人間健康学部の滿園教授が福岡で「体づくり」講座

スポーツが病気予防や健康増進に役立つことは医学的に証明されています。超高齢社会を迎え、健康への関心の高まりとともに中高年のスポーツ志向が顕著です。これに応えようと、久留米大学人間健康学部の滿園良一教授を中心とするスタッフが西日本新聞TNC文化サークルと連携し、5月11日から「若返りの体づくり」講座をスタートさせました。

スポーツは一つ間違えると外傷や体の不調を招くことがあり、体調管理と正しい指導が大切です。滿園教授はスポーツ医学の知見を踏まえ、一般向けのトレーニングプログラムを作成。まず体力測定から始め、体の構造や機能の分かりやすい解説、正しい姿勢や歩き方、固くなった体のほぐし方などを、3カ月6回にわたり指導します。

公募は新聞社側が実施し、定員25人を超える30人以上の申し込みがありました。スポーツ医学の裏打ちのある若返り講座は、初回から受講者に好評です。

 

講座の様子