ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2018年度 > 地域創造インターンシップで報告会

地域創造インターンシップで報告会

東京、大阪、名古屋、九州の大学の学生19人が、筑後地域を拠点とする企業・法人で学んだ成果を発表する「地域創造インターンシップ」の成果報告会が平成30年8月31日、久留米市のコワーキングスペース「メクルト」でありました。本学からは、文学部情報社会学科の学生2人が参加しました。

今回の「地域創造インターンシップ」は8月27日から5日間あり、企業体験にとどまらず、久留米を盛り上げるための課題解決型の企画を練り上げて提言するユニークな催しとなりました。

参加企業・法人は高橋株式会社、イケヒコ・コーポレーション、木下株式会社、日商保険コンサルティング、久留米大学。学生たちは5チームに分かれて、聞き取り調査や企画立案などに取り組み、この日のプレゼンテーションに臨みました。

「孤独死ゼロのまち、久留米」を実現するために、シルバー世代が憩い市民と触れ合う場所「知るBAR」をつくる案や久留米に新しい人の流れをつくるためにキャンピングカーを使ったツアーや外国人と交流するフードコートをつくる案など、学生ならではの斬新なアイデアの提案が相次ぎました。

 

報告会の様子